« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年5月

めげるなチャーリー!

 五月に入って初めてのブログ更新(;´▽`A``
 さて、五月病も大分落ち着いてきたgawk今年の目標はバイトと勉強の両立。これ中々難しいわw週3~4で夕勤に入ってるんだけど、演習の発表も二ヶ月以内に四度来るわけだし、いよいよ前半戦の第一回目の正念場を迎えそう…sweat01

 ついにブラウンの阿呆さに呆れてしまい、tv観戦すらここ最近はしてなかったんだけど、今日久々に見た。そしたら相変わらずの貧打(笑) なんで一ヶ月前から一切進歩してないの?言い換えれば、選手個々人の力の問題以前に、何で一ヶ月経ってもまだ贔屓を続けてるんだ?ってこと。梵ちゃんスタメンとか笑わすわほんとwどんだけお気に入りなんかよw 最近までマクレーンレフトで、シーボルをサード、あろうことか嶋と梵も試合に出続けとる事態だったわけだけど、今日のスタメンは梵・石原以外妥当かな。今日はセカンド東出でしたねw

 肝心の試合内容…はっきり言って見所なし!つまらないです。逆に、巨人の1・2番コンビが攻守ともに機能してて相当戦力になってるっていうことのほうが収穫だったし。いいなーほんと。うちじゃ坂本版になれそうなのが小窪なのにね。。なぜか二軍にいます。ブラウンの脳内イカレすぎです^^
 気になった点だけ挙げていくと、まず第一に貧打・オーダー。即刻梵を一軍から消せ。マクレーンは獲得自体かなり疑問だったし、最初から期待してなかったから全然おkです。打てない助っ人は要らないんで、そのうち小窪や石井、松本に変えて、彼にはさいならーポイッでしょ。あと捕手は必ずしも石原じゃなくていいって主張してきたけど、そろそろ変えていいんじゃない?倉でもいいし、どうせ2割なんだから、経験させるなら意味で上村のほうがよっぽどいいと思う。様子見のためにどうしてもマクレーンを入れるなら7番限定。掃除できない打者はクリーンアップに入れるべきじゃない。ましてや当たれば…っていう打者とか今のカープ打線から考えて持っての外。5・6番は廣瀬か末永でいいと思うな。

 先発は小松でした。いい経験できたね。当然のことだけど、通用しなくて当然の立場にいるんだし、この先打たれて負けての経験を繰り返していけばおk。てか絶対通用しないわな、今日見てた感じじゃ。素人からしても思う。コースは甘いし、直球と変化球を有効に使う投球法を上手く掴みきれてないまま上がってきた感じに見えました。今日1点に抑えれたのは偶々中の偶々。次はきっとそうはいかない。って、ルーキーなんだし今の状態で精一杯よね。ファンはみんな分かってるから、思い切って投げて打たれて勉強して、下で生かしてくれたら儲物って感じで(^-^;

 そして今日の敗因の第一位は貧打なんだけど、それ以外に大きかったのは⑨回の廣瀬のエラー。最後のワイルドピッチはまあしょうがないかな・・。強いライナー性の打球がライトに飛び、廣瀬が前に出るか出ないか躊躇い、結局中途半端に突っ込んでしまって後逸という…。名手のまさかの失策に「あれま・・」ってなりました。自分も長いこと外野守ってたから共感できるけど、確かにライナーの処理って難しい。個人的には序盤に末永がレフト飛球をキャッチした、あのケースより難しかったと思う。末永の場合は落下地点を予測しながら全力で走ればいい。でも廣瀬の場合は、どこでバウンドして、どれくらい跳ねそうなのかを瞬時に予測しないと早めの一歩が踏み出せない。芝の状態がどうだったか分からないけど、もし最終回の時点でも雨で濡れたのが乾いていなかったら芝にたどり着きそしてバウンドする速度は通常より速く、しかもやや跳ねないケースが多い。多分、あの場面「あれ?これノーバウンドでいけるんだろうか?」って思って下がらずにとりあえず様子見。当然早めの一歩を踏み出せず「うわ、これ思ったより速く低いライナーだわ、さがらにゃまずい」って気づいた頃には「ダメだ。下がるにはもう間に合わない」じゃあ「かなり難しいバウンドになるけど少しでも前に出て、体を使って前に落とすことで長打になるのを防ごう」とした結果、予想通り難しいバウンド処理になってしまい、しかも打球があまり跳ず・・結局ボールを体でとめることすらできなかったんじゃないかな。初めから下がっていれば何の問題もない打球に見えるわけだけど、あれは判断ミスしやすい場面だったと思う。現に名手がエラーしてしまったわけだし。でも、難しいとは言えやはりプロ。内野のエラーは許されることが多いけど、外野のエラーはあり得ない。というわけで、廣瀬のエラーはあり得ないミスになるわな。ただ、いくらエラーしたって言っても、これまで守備で貢献してきたわけだし、それがチャラになったって考えれば全然許されるミスでしょ。そういった意味で、今日は廣瀬も悪かったけど、やってしまったミスは仕方がない。その代わり次の試合で取り返してくれよ!っていう見方でいいと思う。どっちにしろ今日の得点は相手のミスだったわけだし、安打で点をゲットできない貧打線(笑)が敗因じゃて。これくらいで落ち込むなよチャーリーsign03がんばれsign01

 そして、最終回の采配に自分は疑問が・・・なぜ廣瀬に代打喜田GOで、石原をそのまま打たせたのか?てかベンチに松本がいないことに今気づいた(笑)なんでw?使えない外人たちにはたくさんチャンスを与え、下から上がった若手にはろくにチャンスも与えず。ちょろっと使って何もなければすぐ二軍へ。これです、うちの監督の頭が狂ってるのは。どう考えても理解できない思考回路。絶対あいつは監督の役割と野球を理解してないまま、日本に来て条件クリアもできずに恥さらしながら監督し続けてるだってば。こんな人が監督してて何ぞ観戦しに行こうと思えるか。最下位になる前に辞めとけば?もっと恥かくよ^^

 失策を挽回したい廣瀬、最終回は彼に打順が回ってくる予定だった。打順は⑦番。次が⑧番の石原。そして⑨番投手の永川。代打の切り札が不在なのはしょうがないとして、上がってきた選手やスタメンから外れてる選手を試せる機会こそ、ランナーがいない場面での代打でしょ。さらに今日の試合で末永・廣瀬はヒットを打ってて、石原はバットにかすらせるのが精一杯の打撃。どう考えても、代打を出すなら⑧・⑨のところでしょ。末永・広瀬が出塁できんかったら、それは仕方がないでいいじゃん。なのに、可能性の高いほうに代打、しかもモチベーションとしては「何が何でも出塁してミスを帳消しにする!」って意気込んでる心理状態なのに・・それを遮ってまで出す代打の場面か!?あれが?いい加減にせえよ!とっとと国に帰れ。んで豚インフルに見舞われろ。さすがにこれくらい言いたくなるわ、あんだけ頭悪いと。苛立つクソ采配を最後に見せてくれたクソ監督に脱帽ですわ(# ゚Д゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »