« 夏休み突入① | トップページ | ブーツ到━━━━(゚з゚)━━━━着!! »

原爆投下の日

0017_2  8月6日 午前8時15分

 今日(6日)は日本人なら誰もが知ってる原爆投下の日(広島)でした。一応日本史を専攻しているせいか、6日は自分にとってやはり特別な日です。この日を迎えると毎年胸が痛くなり、いろんな意味で暗い気持ちになります。この日が近づくにつれてどうしても爆死没者や被爆者の無念さや核の恐ろしさを考え、一方でそれらをどうすることもできない「現状」から、この日だけは目を背けることができなくなってしまう・・。
 原爆を投下された悲劇に加えて、「現状」が、日本の言うことと真反対だから、かなり複雑な心境で迎えないといけないんです。

 「被爆した人はかわいそうだ」と同情したり、「戦争反対」と宣言したり、「アメリカが悪いんだ」と非難したり、「灯篭流しだけ見ときたい」と思ったりetc はっきり言って、毎年々々これらのことだけに終始してちゃ無意味なんですよね。永遠に「平和の灯(火)」が消えることなんてないです。この日行われるセレモニーには、「慰霊」・「アピール」の二点だけが主に価値あるものだろうと思います。
 なぜ無意味かは、多分…みんな分かっていると思います。そうです。日本は「核の傘下」にいながら(=アメリカの核兵器に守られながら)、「核兵器廃絶」「平和宣言」をするという矛盾し、普遍性を持たない言動で以って世界に呼びかけているからなんです。こうした矛盾・普遍性の欠如を抱えたまま、これまでずっと平和を祈り続け、今日も多くの人が祈ってました。
 

 ただし、今日足を運んだ多くの方々に自己矛盾に陥った「現状」の責任を負わせるのは、酷でしょう。いくら有権者だからと言っても、政治決定を覆すほどの力はないのが「現状」だから。当時「闘争」で敗れて条約を結び、それをそのまんま(※違う意味での改正(=強化)はあったけど)維持し続けてきた「現状」を、もはや自分らにはどうすることもできないと思いたくなるんですよね。だから、どうしようもないから、矛盾してることに目を背けて、あるいはそれさえ知らずに平和を祈るだけにとどまってしまうんですよね。ある意味、仕方ないことなのかもしれません。

 こうした「現状」からの行き詰まりを感じたのは大学1年のこの時期で、祈るだけじゃいけないなら一体どうすればいいんだろう?とずっと疑問に思い続け今に至ります。デモ以前にこの「核の傘下」をどうにかしなければ、ずっと似非平和を叫び続ける日本になるわけで、真の平和なんてやってこないでしょう。しかし、団体を作って国内で(政府相手に)訴えても「現状」を変えられるほどの効果なんて期待できないはずです。じゃあ、もうボーダレス化するしかない、っていう話になってきます。世界的な草の根運動が巻き起これば、もしかしたら何か「現状」を崩すきっかけになるかもしれません。ただ、世界的に繰り広げるのはかなり至難の業じゃないかと挫折したくなります。ここで重要になってくるのが、世界に向けての「アピール」と、もはや国単位ではない草の根運動による平和運動が必要なんだという「宣言」の二つです。これに若干だけど近いのが、市長が行うスピーチだと思います。もうはっきり宣言すればいいんです。「国の政治家じゃ話にならない、もはや世界市民で決めるべき問題だ」と。そこで広島・長崎だけが核の悲惨さを伝えることができるんだから、これまで以上に積極的に「アピール」し、廃絶への理解を求めなければならないと思います。
 

 理想論はこの辺にしといて。。。真の平和を追求するのであれば、個人的案としては、①似非平和か真の平和のどちらを選択するかを国民に問う→②条件として:前者であれば、「現状」維持ゆえに、偽善の汚名を被る覚悟を求める 後者であれば、一切を投げ打つ覚悟を求める ③後者で話を進めた場合、国民の意思を受け、日米安保を解消・米軍基地撤去→自衛隊のみ(=核武装の解除へ) ④万が一、有事が起きれば保障を国連に求める っていうくずプランですw

 とにかく、自分も含めた傍観者が世界的運動の大元を作るような運動に参加することが、今考えられる最善の方法なのかもしれません。それをあらゆる面でリードすべき(=地盤を作る)立場にあるのは広島・長崎ですが、やはり最後の鍵となるのは個人になるでしょう。爆死没者・被爆者が受けた苦しみや悲しみや恐ろしさを忘れることなく、次世代へ語り継ぎ、一方で平和を祈るだけでなく、「過ち」を「繰り返」すことに歯止めをかけ、真の平和を求めることこそ、私たち地球市民の真の責務なのかもしれない。

 などと考えながら、灯篭流しを眺めていました。

◎平和公園の近くにある本川小学校についてはまた後日書きますφ(・ω・ )

※写真番号…上段左→右 下段左→右

↓②:平和の子像/③平和の灯/④原爆死没者慰霊碑/⑤~⑦:灯篭流し/⑧ライトアップver./⑨名前不明

0020 0025 0028 0043 0047 0063

0069 0072

|

« 夏休み突入① | トップページ | ブーツ到━━━━(゚з゚)━━━━着!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1176376/30861245

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆投下の日:

« 夏休み突入① | トップページ | ブーツ到━━━━(゚з゚)━━━━着!! »