« わが地元宮崎は日南の紹介③-2 | トップページ | 長崎旅行②―佐世保・長崎市内 »

長崎旅行①―秋芳洞と壇ノ浦SA

⊂二二二( ´∀`)二⊃{ 8月31日・9月1日…友達二人と長崎ドライブ旅行に行ってきました♪
↓宮島SAでの一コマ
0005

 

 免許取って半年しか経ってない私あんこ。今回は免許って2年経つやつ と 一週間前に取ったばっかりのやつ 計三人で東広島→長崎へ。危険な場面も多少あったけど、なんとか死なずに帰ってこれてよかったcoldsweats01

 友達の遅刻により、予定より30分遅れの8:30に出発rvcarまず目指したのは、山口県の秋芳洞。友達が「マジすごいけん」ってうるさいから、とりあえず行ってみることに。

0014 0024_3 0016

0022 0033_2 0039

 

 入り口から「お!」っと期待させる風景で、いざ入ってみるとすごい広くて長くてびっくり(・oノ)ノ いたるところに水が流れてて、いろんな形をした岩達がいっぱいいた。自然が生んだスケールのでかさに、三人とも「お~!」「すげ~!」しか言ってなかった気がする^ ^; この鍾乳洞、様々なネーミングも特徴的で、個人的に気に入ったのは「くらげの滝のぼり」。

 写真は左から順に、①入り口と滝 ②傘づくし ③百枚皿 ④千町田 ⑤黄金柱 ⑥くらげの滝のぼり

 秋吉台も見たかったけど、時間が押してたため撤収。再び長崎へ。うん、友達が勧めるほどのことはあったねshine

 

 昼過ぎ(14:30)、下関ICを通過!九州はもう目と鼻の先。ここで歴史的に有名な壇ノ浦のPAへ。昼食をとることに。ご当地的なのは食べず、敢えてのカレーを頼むあんこ。好き嫌いが多いと困りますねw

0050 0054

 

 写真左は関門橋壇ノ浦。潮流が変化して・・という説が強く残る壇ノ浦の合戦。でも、詳しい合戦内容が「吾妻鏡」に載ってない以上、本当のところはよく分からないのが実情単に戦力的に平家方が不利だったことが勝負の分かれ目だったんじゃないのかな。ただ、二つか三つくらい潮が織り交ざってるように見え、潮の変化が激しそうだなとは感じた(気のせい?)。まあ、いずれにしろ、ここで平家一門が果てたのは事実なので、やっぱり想う所はあるなあ。。。哀れな平家方やその後の義経に想いを馳せる一方で、大河ドラマ「義経」(確か2005年)で、平時子を演じた松坂慶子と、平徳子(建礼門院)を演じた中越典子がすっごい綺麗だったのを思い出した(・∀・)ああいうお姉さんいたらいいんですけどね。。。(*ノv`)

 写真右は門司港。レトロ地区が整備されてるらしいけど、ここは明日からの国史研修旅行(笑)で訪れるっぽいんで割愛。

 

 感慨にふけってた自分とは違って、他の二人は何も思ってなかった様子w むしろ早よ行くぞオーラが出てたんで、写真も数枚に抑え車へ。腹ごしらえを済ませた一行はいよいよ九州上陸。そして、福岡の混雑する高速を経、佐賀をあっという間にスルーして佐世保へ。

                                               ―つづく―



|

« わが地元宮崎は日南の紹介③-2 | トップページ | 長崎旅行②―佐世保・長崎市内 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1176376/31257048

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎旅行①―秋芳洞と壇ノ浦SA:

« わが地元宮崎は日南の紹介③-2 | トップページ | 長崎旅行②―佐世保・長崎市内 »