« 海が見える①―尾道散策 | トップページ | わが地元宮崎は日南の紹介⑦ »

海が見える②―花火大会

 花火の時間が近づいくにつれて、辺りが騒がしくなってきた。

 店(てまり)を出た自分らも、シートやウェットティッシュなどの必需品を調達後、急ぎ会場中心部へ。

 またまた友達夫妻に遭遇、ちょいと話しこんだ後、屋台が一斉に開店しだしたので食料調達へ。。。

 もうそれはそれはすごい人と熱気。

 その様子を写真に撮ることすら難しく、ひたすら欲しい食べ物見つけに奔走。

 途中、何人か知り合いがいてちょっと驚いた。

 やっぱりみんな来るんですね(゚ー゚;

 買出しにまさかの①時間を費やし、急いで陣取った二人だけの場所へ。。。

0132

 箸巻きフランクフルト焼き鳥(もも・皮)いか焼き唐揚げビール酎ハイを買った。かなりお金かかったし、お世辞にも美味しいとは言えないレベルだったけど、祭りの雰囲気が味わえるし、懐かしいかったから個人的にはまあ満足でした(*´σー`)

 屋台のご飯を食べたのはもう何年ぶりだろ?いや、祭り自体6年ぶりか。高③の頃、両想いの娘と行けそうだったけど結局友達と行ったこともあったっけ。ああ、地元の油津港祭りが懐かしいな。

 意外にも(?)、カップルで夏祭りに参加するのは人生初の出来事。昔は、友達と行くことが楽しみでしかたなかったもん。でも、高校③年くらいから、次第に異性と行ってみたいな、ていうか異性とのデートをしてみたいって思うようになった気がする。それまで興味がなかったわけではないけど、やっぱり友達のほうがよかった。そんな感じだったから、周りからは「異性に興味があるのか?」って心配されたっけw

0140 00148

00155 0247_2

 お酒を片手に、色鮮やかな花火を楽しむ。。。

 ちなみにこの尾道花火は、「西の住吉」と称されるほど、江戸中期から有名らしい。ほーそれは知らんかったφ(・ω・ )

 それにしても、うちのデジカメは夜になると、映りとシャッタースピード(?)などの性能が急激に落ちる・・自分のデジカメの性能の悪さというか、限界をほんと恨んだ○rz

 次は夜景でもバッチリ撮ることができるカメラを買うぞgawk

00260 0269

 夜景モードじゃ上手く撮れないので、ISOモードで撮ってみた。

 そしたら、何か宇宙空間で花火してるみたいな画像になってしまった┐(´д`)┌

 全部で四部構成だったらしい。途中で☺や❤などのユニークな花火も打ち上げられていて、楽しんでみることが出来た。

 やっぱりクライマックスは見応えがあって、「次どんなのが来るっちゃろか?」とすごくワクワクして見れた((゚゚дд゚゚ ))

 広島県内、県付近にお住まいの方は必見です。

 あまり綺麗に撮れなかったけど、クライマックス中に打ち上げられた下の二つはお気に入り。

0281

やっぱり宇宙空間な感じがする^ ^;

0292

 なんだろ。。。この油絵みたいな感じw

 まあ、どちらも変にかわりないけど、これはこれでよしとしようeye

 久々に見る花火は、昔の祭りにまつわる記憶を思い出させてくれた。

 そして、今の楽しい思い出が新たに記憶されていくんだろうなあ。

0297

 

 遠くに見えるのは尾道大橋

 最後に一言二言。

 汗が止まらんほどてげ暑い中、浄土寺というマニアックなコースに、さらに汗で髪型ぐっちゃぐちゃの自分に、何の文句も言わず終始笑顔でついてきてくれた彼女に感謝。

 そして、楽しい思い出をまた一つ一緒に作ってくれたことにも深く感謝します。

 来年は宮島じゃね|∀・)

|

« 海が見える①―尾道散策 | トップページ | わが地元宮崎は日南の紹介⑦ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1176376/36217196

この記事へのトラックバック一覧です: 海が見える②―花火大会:

« 海が見える①―尾道散策 | トップページ | わが地元宮崎は日南の紹介⑦ »