« わが地元宮崎の紹介①―串間 | トップページ | アバター »

わが地元宮崎の紹介②―青島

0117_2

 またまた帰省中の一コマを紹介|∀・)ノ

 青島

 青島は日南から宮崎市内に向かう際、必ず通ってきた町だし、昔からなじみのある町。ほんと昔は、休日になればこどもの国で遊んだり、ビアガーデン連れられたり、巨人やサッカー(ジュビロの紅白戦とか)見に行ったりと、楽しかった思い出しかないなあ。そんな青島(いや宮崎の観光自体)のピークは1960~70年らしく、それは皇太子(現天皇)の新婚旅行地として選ばれたから。この話は親からも何度か聞かされたっけ。市内や海岸線は青島行きのバス(宮交)でごった返しで、海岸沿いの店は大繁盛だったらしいeye

 いつだっけな、青島(海岸沿い)をろくに通ることがなくなったのは。。。確か、2005年くらいに、青島バイパス(山沿い)ができたんだと思う。そのおかげで市内への時間が短縮されたんだけど、代わりに海岸沿いを通らなくなってしまった。たまに通るとしても、英語で話すおっちゃんが経営してるガソリンスタンドに寄るときくらい。だから、青島の海岸を見れるのはバイパスの高所に達したときくらい(☞そこから見える景色もこれはこれで素敵ですが)。

 今ではもう完全に寂れてしまって、昔の面影はない・・。でも、さっき言ったように個人的には思いいれのある町だし、島と海岸が織り成す南国の光景は地元の誇りです。どんなに廃れようが、みんなに忘れ去られようが、自分はずっと好きなままでおっどーcatface

 さて、本題へ、、、

 青島は江戸時代まで神聖な場所とされていたらしく、入れなかったらしい。島自体が神として崇められてきたのかも。でも、明治に入ってから徐々に地元の人々にとってなじみ深い場所になってきたっぽい。

 とにかく島は海岸に近く、微妙につながっている感じ。見所は、多様な熱帯植物群と間近で見れる「鬼の洗濯板(岩)」、そして広い空と広い海と狭い島で描かれる南国風景

 百聞は一見に如かずというわけで、ここから先は写真に語ってもらいましょ。。。

0123 0131_2

 弥生橋を渡ると、島の左側(陸から向かって右側)に鳥居があって、そこをくぐって少し進めばすぐ青島神社がみえてくる。

 今回も神社の由緒には触れませんが、榎原神社同様、伊東氏から崇敬を受けていたことは確かだそうだ。何の情報を得ないまま回ったので、今回は印象だけに。

 本殿はすごく新しい様子だった。再建かな。

 偶然みかけた絵馬にこんなものが、、、

0125_2

 多分、去年明石家電視台のメンバーが宮崎に来たときのもの。ここに書いてあるメンバーが宮崎の朝の情報番組(UMKかMRTかは忘れた)に出演してくれて、その模様をyoutubeで見たんだけど、酷かったなw 特に中川家・山田花子のお天気レポートは(ノ∀`)

 それはさて置き、その本殿の奥には植物がうっそうとしている小道が。

0127_3 0128

 奥には元宮などの小社があって、写真のように貝殻を投げる場所もあった。

 この空間にはたいした物はないけど、あまり見ない植物が生えてるようだし、辺りが暗くて少し不気味さも放ってた。

 神社を抜け、島を一周してみた。

 大抵の人は参拝したらもう終りって感じで帰るけど、島から見える広大な空と海は是非見てほしいな。

Rp07phv R1rbxqk

 島の周りは貝殻の浜のようになってて、たまに大きな貝殻があったりして楽しい。

 そして、この鬼の洗濯板(岩)。

 うーん、いつ見ても心が洗われる・・板だけに┐(´-`)┌

 洗濯板のおかげで釣人もわざわざ沖まで出ずに済むのかなeye いや、この辺りは水深なさそうだしなあ、詳しいことは分かんない。

 まあとにかく、この異様な風景こそ自分らにとっての故郷の絵だし、宮崎人が誇る美観の一つですconfident

0142 0144

 島の裏側まで進むと、きれいなお姉さん方二人が並んで座って、恋愛話(ここは想像)をしていた。県外からの観光客だろうか、いやらしい、いや微笑ましい光景でした(笑)

 これ行ったのが9月の末だったから、ビロウのはっぱがだいぶ枯れてた。それにしてもビロウっていかにも南国チックだよなあ。そして相変わらず奥には変な植物がいっぱい。

 ぜひ訪れた際は島の裏側まで回って、感傷に浸るか、もしくは夕日を浴びながら恋話をしてみては´ω`)ノ

 輝かしいあの頃と比べたら、観光客の数はうんと減ったし、車も海岸沿いを通らなくなったせいで、ますます寂れた感が出てるけど、景色はまだまだ健在でした。観光客が減った一方で、今ではサーフィンやヨットなど楽しむ来県者がほんと多い。自然と直に触れ合う彼らに聞いてみたい。

 「宮崎の海と太陽はどんげですか?」

 と。

 その答えはきっと。。。

 南国感を期待して宮崎に行かれる方、自然の魅力溢れる青島は絶対外せませんよ(o・ω・)ノ

0150

|

« わが地元宮崎の紹介①―串間 | トップページ | アバター »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1176376/37368137

この記事へのトラックバック一覧です: わが地元宮崎の紹介②―青島:

« わが地元宮崎の紹介①―串間 | トップページ | アバター »