« サンドウィッチマン来校! | トップページ | 7回忌 »

北極の猿

Photo

              ※写真は拾いもの

 Arctic Monkeys

 洋楽の中で唯一聴くアーティスト。

 4年間聴いてきて全く飽きないアーティスト。

 そして、同年代のアーティスト(※現在4人中2人)。

 とにかくすっごくお気に入りなわけ(*v.v)。

 初めて彼らを知ったのは2006年の冬で、親友のお勧めがきっかけ。

 最初の印象は「変なリズムと音色」。

 それ以来すっかりはまって今に至るわけだけど、昔(1stあたり)のほうがいいっていう意見も多くあるらしい。

 だけど、今のほうが断然いいと思うな。

 以前はなんだか音が軽くて、演奏が雑で、曲調もポップさが目立つなあっていう感じだった。

 でも今は音に重量感あるし、演奏も上手くなってきてる(と思われる)し、曲調も怪しげなやつ、単調なのか複雑なのか分からないような聴き応えのあるやつがあって、聴いてて面白い。

 というわけで、彼らの今が好き。

 そしてこの先どんな方向に行くのか考えると、ワクワクしてくる。

 以前とはだいぶ変わってるかもしれないけど、大概どの曲にも「この次ぎくる!くるぞ!」っていう風に盛り上がる個所はあるし、相変わらずメロディも心地いいから、退化というより進化してると思うんだけどなあ。 

 まあ、あくまでも素人から見た感想ですが^^;

 最後にいくつか好きな曲たちを紹介して終わります。。。

 From The Ritz To The Rubble(2曲目)
 →最後の悲しげな音たちが好き

 Dangerous Animals
 →重くて乱雑な音たちが好き

 A Certain Romance
 →なんともいえないせつなさが好き

 1stが2曲も入ってるじゃねーかっていう突っ込みは置いといて(苦笑)

 A Certain Romanceについて一言。

 この曲が一番好き。

 それは、大学1年~4年通じて思い入れがあるから。

 結局あの恋は適わなかった。

 でもずっと好きでいるはず。

 もちろん、友達として。

 相手には何てことない思い出が、自分にとって大切な思い出。

 向うにも何か一つ残ってるといいな。

 大切な一曲。

|

« サンドウィッチマン来校! | トップページ | 7回忌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1176376/37568782

この記事へのトラックバック一覧です: 北極の猿:

« サンドウィッチマン来校! | トップページ | 7回忌 »