« 『Force』 | トップページ | どん底①―底無沼に落ちるまで »

“Live Force” in Hiroshima

0265
 ※ネタバレあり、注意※

 広島での1日目に参戦してきました ノ

 まずは、セットリストからどうぞ(某掲示板より)。

 ―――――――――――
 1.Force
 2.No Bandage
 3.Wildflower
 4.The Bird Without Wings
 5.Nitty Gritty
 6.愛をくらえ
 7.透明人間
 8.あぁ
 9.愛をこめて花束を
 10.919
 11.平成ホモサピエンス
 12.I My Me Mine Mine
 13.Free Planet
 14.Get High!!~アドレナリン~
 15.Alright!!
 16.輝く月のように

 *アンコール*
 17.タマシイレボリューション
 18.スタンディングオベーション
 ―――――――――――――

 今回のツアーは、もちろん4thアルバム『Force』メイン。

 制作にあたっては、①ライブ感のある楽曲で紡ぎたかったこと、また、②自分の中にあるあらゆる想いをさらけ出したかった、この2つの観点から出来上がった作品らしい。

 前回は聴き込みが足りなかったけど、今回はDisk2を中心に、かなり聴きこんでいきました。

 その甲斐あってか、曲のつなぎ目で「おぉ!ここであれ入れてくるんだ!」と、出だしの前から興奮できたし、声を出すべき所や拳を上げるポイントもしっかり把握ok^^

 とにかく、また生で見れて、プロの演奏を聴けて、ほんと楽しかった。

 夢のような時間でした・・( ^,_ゝ^)

 では、手短に感想などを。。。

 まずなによりも、志帆さんの声が快復に向かって一安心

 後半、若干かすれ気味だったのが気がかりだけど、終始、伸びのある突き抜ける歌声を聴かせてくれましたv

 MCからは、「倉敷」と「米子」に対する申し訳なさと、リベンジしてやるっていう想いが伝わってきて、改めて音楽に対する情熱と人柄のよさを感じた。

 印象深い曲については、どれも耳に残ってるけど、「あぁ」のアレンジver.がやっぱり一番かな。

 天井さえも突き抜けてくような、哀しいながらも力強い歌声が印象的でした。

 次に、今回志帆さんの次に楽しみにしてたのは、サポートメンバーの奏でる旋律と仕草。

 特に注目は、照明で一段と妖艶さを増すシルエットと、志帆さんに負けないくらいのパワフルかつ繊細な歌声を保持する、そう!この方m9っ`Д´)

0276
 *ツアーパンフレットより転載*

 コーラス「パルパル」!

 正直、今のSuperflyに対して、志帆さんをボーカルとしたバンドのような存在で捉えてて、誰か一人欠けるとSuperflyは成立しないような気さえする。 

 中でもお気に入りなのが、「オオヒナタハルコ」こと「パル姉」です。

 しっとり目の曲では、志帆さんの息遣いや音量に合わせて、さりげなく声を重ねるパルしゃん。

 一方、激しい曲では、小アイテムを1つ片手に、キレのある小ダンスで強めに被せてくパル姉。

 でも、さすがに「平成」では内に秘めた美声を抑えきれず、程よい感じで前に出てきます。

 前回のツアーでも、特に「Alright!!」や「Ah」では欠かせない存在だなあって思ってたけど、それ以降、日に日にパルパルの歌声が気になって気になって。。。

 今では、全曲にわたって必須な存在なのだと改めて気付かされました。

 パルパルに夢中なわたしですが、もちろん、他のメンバーも大好きです♪

 以下、ライブ中に気に入ったシーンをご紹介。

 ・合間々々に、余裕の表情で会場を見渡す……八橋さん!
 ・照れくさそうに紹介を受ける……種子田さん!
 →そんな二人が演奏中に陰でなにやらヒソヒソ話をする様子が微笑ましい

 ・セクシーさを持つ反面、口をぱくぱく、腕をパタパタさせる謎の動き…パルパル(笑)
 ・ちゃっかりギター持ってたキュートキャラ……サニー
 →この二人、演奏中に何度かアイコンタクト。サニーめ^^#

 ・衰えを全く感じさえないメリハリのあるクールビート……小田原さん!
 →みんなから一番愛されてるんじゃないか、小田原ゆたか~

 以上、彼らからはライブを楽しんでるのがすごく伝わってくるし、メンバー内の仲睦さも伝わってきて、もはやSuperflyいや志帆さんにとって、なくてはならない人たちなんじゃないかなと感じてます。

 いいサポートメンバーに恵まれて、志帆さんもすごく楽しそう。

 もはや7人で1つのアーティストのよう。

 さて、最後に全体の感想を。

 もう少しアレンジがあってもよかったかも。

 というのも、Disk2や代々木のフリーライブで、すでにスタンダードなライブ感を楽しませてくれてたから。

 CDでライブver.を出す唯一のデメリットは、ライブver.の再現じゃ物足りなくなってしまう点なのかも。

 そして、何よりも、「ミッキー」こと「昼海さん」が不在だったこと

 自分にとってはこれが一番残念だった・・。

 別に、「くさお」こと「草刈さん」が役不足というわけじゃない。

 というか、急な代役なのにむしろ上手く溶け込んでたし、パフォーマンスも申し分なかった。

 さすが初代バンマス

 でも、今回のアルバム自体、基本的には7人でずっとライブに向けて進んできた側面があるから、その分、メンバーそれぞれが、前回より今回のツアーに懸ける想いが違うだろうし、何よりも連帯感がすごく強くなってるのがこちらにもひしひしと伝わってきていた。

 パンフ見ても、このメンバーでぶっちぎるぞ!感が伝わってくるから、なおさら、途中離脱はショックでした・・。

 そこだけ唯一の残念な点かな。

 あとは、申し分なし!

 もう一度、あの歌声を聴けただけでも幸せです。

 志帆さん、Superflyバンドのみなさん、ありがとうございました。

 次こそ、ミッキーの元気な姿(ハシャがないタイプですが)を見たいし、贅沢言うなら、Mr.竹本さんの美声も聴きたいな。

 うん、長い。

 最後!

 ツアーグッズも買ったのでついでにアップ ノ

0278
 パンフ、Tシャツ、ブランケット、トート、コーヒースリーブ、チャームの合計6点。

0270_2 0269_2

0268_4 0272_4

 中でも、ブランケットがお気に入り♪

 今年は寒いし、車や勉強に大活躍だb

|

« 『Force』 | トップページ | どん底①―底無沼に落ちるまで »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1176376/48304943

この記事へのトラックバック一覧です: “Live Force” in Hiroshima:

« 『Force』 | トップページ | どん底①―底無沼に落ちるまで »