« 写真で振り返る2012年③―初秋 | トップページ | 1年と4か月 »

写真で振り返る2012年④―晩秋

0013
 稲干しの様子。

 どこでもみられる普通の風景だけど、街中じゃみられない。

 これもちょっと記憶があいまいなんだけど、確か三次IC付近、西酒屋だった気がする。

 地図はこちら

0078_2
 こちらもレア画像。

 白滝山頂にある磨崖仏群。

 場所は、三原市小泉町にある龍泉寺

 地図でみてもらうと分かる通り、すごい山の上にあって、大久野島や大三島など瀬戸内海が一望できる。

 当日はあいにく天気が悪かったけど、こんな感じ。

0088_2
 ここの住職は、驚くことに外人の方(欧米系)だった。

 めっちゃ原チャ乗りこなしてたし 笑

 昔の人々が、いまよりも険しい参道(山道)を歩いてまで参拝し、頂上で美しい多美島を眺めてきたことを想像しながら訪ねるとおもしろい。

 ちなみに、時間に余裕があるようにみえるけど、昼食抜きだし、後々休憩時間もなく、自分で首絞めることになるんだけどね。

 地図はこちら

06
 同じ遠景つながりで、こちらは夜景。

 広島駅裏にある、山根町

 今夏、甲子園に出た瀬戸内高校がある地域。

 写真は広島市内の風景の典型。

 山を切り崩した団地、いわゆる高台。

 最近(?)でいえば、「こころ」や「春日野」のような。

 そこからの夜景はすごくきれい。

 でも、生活上不便。

 残念ながら、自分たちが生まれる前から、広島の開発は団地ありきで始まったっぽい。

 それだけ広島の土地は狭く、脆弱なんだろうね。

 人が減ってく中で団地ばっかり作っていると、今後が怖いよね。。。

 地図はこちら

0005
 夕暮れの一枚。

 下松市笠戸島の造船所付近。

 一見地味にみえる山口県。

 でも、あちこち訪ねてみて、意外といろんな表情をみせる県なんだなと感じた。

 東西南北で全然雰囲気が違う。

 意外と島もあるし。

 地元じゃあまり目にしない造船が新鮮にみえた。

 地図はこちら

121107_142539
 秋といえば、紅葉!

 三段峡

 携帯だからちょっと画質が・・。

 場所は、山県郡安芸太田町

 この日は午前中は北広島で調査。

 で、夕方16:00に益田市美都町の予定だったはず(そのあと日帰り!)。

 途中、1時間ほど時間が空くため、軽い気持ちで三段峡に寄ってみた。

 寄ったはいいけど、気軽に登れる道と距離じゃないってゆ-。

 ええ、まさかのスーツ姿と革靴で登りましたよ苦笑

 すっごい浮いてたわ(;´д`)

 時間なくって駆け足だったから、何度もすべりそうになった・・

 行かれる方は、時間にゆとりを持って、スポーツウェアでお立ち寄りください。

 地図はこちら

0243
 小木だけど、透き通るような赤さに魅かれパシャり。

 残念ながら、記憶がかなりあいまい・・。

 島根の益田の山手だったか。

 浜田の山手だった気もする。

 この辺は家もほとんどなくって、思い出すヒントがないんだよなあ。

 分からん。

121115_160726
 最後は、晩秋の冷たい空気感が漂う一枚。

 それにしても、携帯の写り悪いな-。

 場所は、萩市佐々並

 確か、日南瀬峠の近くだったと思う。

 萩は萩でも、最南端の萩。

 冬になって思い知ったけど、ここは山口の中でも有数の豪雪地帯。

 地図はこちら。 

 そういえば、お客さんの一言が忘れられないな。

 萩市に合併してから「人とのつながりが薄くなった」って。

 息子さんは街へ。

 奥さんは他界。

 地域とのつながりが生きがいだったんだろうね。

 合併後の検証もせず、道州制導入だなんてバカげている。

 なーんて。

 行政のことはもういいよ。

 さ、次はいよいよ冬景色をお見せしましょ。

|

« 写真で振り返る2012年③―初秋 | トップページ | 1年と4か月 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1176376/53305470

この記事へのトラックバック一覧です: 写真で振り返る2012年④―晩秋:

« 写真で振り返る2012年③―初秋 | トップページ | 1年と4か月 »