« 2012年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2013年9月

写真で振り返る2012年④―晩秋

0013
 稲干しの様子。

 どこでもみられる普通の風景だけど、街中じゃみられない。

 これもちょっと記憶があいまいなんだけど、確か三次IC付近、西酒屋だった気がする。

 地図はこちら

0078_2
 こちらもレア画像。

 白滝山頂にある磨崖仏群。

 場所は、三原市小泉町にある龍泉寺

 地図でみてもらうと分かる通り、すごい山の上にあって、大久野島や大三島など瀬戸内海が一望できる。

 当日はあいにく天気が悪かったけど、こんな感じ。

0088_2
 ここの住職は、驚くことに外人の方(欧米系)だった。

 めっちゃ原チャ乗りこなしてたし 笑

 昔の人々が、いまよりも険しい参道(山道)を歩いてまで参拝し、頂上で美しい多美島を眺めてきたことを想像しながら訪ねるとおもしろい。

 ちなみに、時間に余裕があるようにみえるけど、昼食抜きだし、後々休憩時間もなく、自分で首絞めることになるんだけどね。

 地図はこちら

06
 同じ遠景つながりで、こちらは夜景。

 広島駅裏にある、山根町

 今夏、甲子園に出た瀬戸内高校がある地域。

 写真は広島市内の風景の典型。

 山を切り崩した団地、いわゆる高台。

 最近(?)でいえば、「こころ」や「春日野」のような。

 そこからの夜景はすごくきれい。

 でも、生活上不便。

 残念ながら、自分たちが生まれる前から、広島の開発は団地ありきで始まったっぽい。

 それだけ広島の土地は狭く、脆弱なんだろうね。

 人が減ってく中で団地ばっかり作っていると、今後が怖いよね。。。

 地図はこちら

0005
 夕暮れの一枚。

 下松市笠戸島の造船所付近。

 一見地味にみえる山口県。

 でも、あちこち訪ねてみて、意外といろんな表情をみせる県なんだなと感じた。

 東西南北で全然雰囲気が違う。

 意外と島もあるし。

 地元じゃあまり目にしない造船が新鮮にみえた。

 地図はこちら

121107_142539
 秋といえば、紅葉!

 三段峡

 携帯だからちょっと画質が・・。

 場所は、山県郡安芸太田町

 この日は午前中は北広島で調査。

 で、夕方16:00に益田市美都町の予定だったはず(そのあと日帰り!)。

 途中、1時間ほど時間が空くため、軽い気持ちで三段峡に寄ってみた。

 寄ったはいいけど、気軽に登れる道と距離じゃないってゆ-。

 ええ、まさかのスーツ姿と革靴で登りましたよ苦笑

 すっごい浮いてたわ(;´д`)

 時間なくって駆け足だったから、何度もすべりそうになった・・

 行かれる方は、時間にゆとりを持って、スポーツウェアでお立ち寄りください。

 地図はこちら

0243
 小木だけど、透き通るような赤さに魅かれパシャり。

 残念ながら、記憶がかなりあいまい・・。

 島根の益田の山手だったか。

 浜田の山手だった気もする。

 この辺は家もほとんどなくって、思い出すヒントがないんだよなあ。

 分からん。

121115_160726
 最後は、晩秋の冷たい空気感が漂う一枚。

 それにしても、携帯の写り悪いな-。

 場所は、萩市佐々並

 確か、日南瀬峠の近くだったと思う。

 萩は萩でも、最南端の萩。

 冬になって思い知ったけど、ここは山口の中でも有数の豪雪地帯。

 地図はこちら。 

 そういえば、お客さんの一言が忘れられないな。

 萩市に合併してから「人とのつながりが薄くなった」って。

 息子さんは街へ。

 奥さんは他界。

 地域とのつながりが生きがいだったんだろうね。

 合併後の検証もせず、道州制導入だなんてバカげている。

 なーんて。

 行政のことはもういいよ。

 さ、次はいよいよ冬景色をお見せしましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真で振り返る2012年③―初秋

03
 先頭バッターは、風車。

 一応、下関市だという豊北町滝部にいっぱい立ってるやつの一つ。

 近くでは梨狩りやってた。

  地図はこちら

 ちなみに、風車は豊北と豊田にこんな感じで立ってる。

Image_4 Image1_6

 海のきれいな角島まで行った際には、寄るのもいいかも。

 意外と風車ってうるさいんだね。

0012

 お次は山口は熊毛郡の生き残り、上関町

 これまで原発で相当揺れてきたらしく、至る所に「賛成」「反対」の横断幕が(汗

 夕暮れはこんな感じ。

 120906_180028

 穏やかな瀬戸内の波と夕日が心をゆったりさせてくれる。

 島は落ち着くなあ。

 地図はこちら

0126

 島つながりで、屋代島こと周防大島町

 老後に人気のスポットらしく、調査先も別荘が多かった。

 この写真は、確か「雨振」っていう島の最東端に近い場所だったと思う。

 いい所なんだけど、高速からのアクセスがちょっとなぁ・・。

 そうそう、玖珂IC~周防大島間は、ねずみスポットだから気をつけて。

 地図はこちら

0072_4  

 そろそろ彼岸花の季節。

 10月ごろだったかな。

 東広島の福富町豊栄町間でみかけたと思う。

 あんな大量に咲いてる場所も珍しいよ。

 おおよその地図はこちら

 以上、9~10月の写真たちでした。

 次は、晩秋の写真たちをご紹介します(^-^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真で振り返る2012年②―夏

0010
 
比礼振山からの眺め。

 場所は、島根県益田市乙子町。

 途中、佐毘賣山神社が鎮座してた。

 地図はこちら

0011

 こちらは、徳山市内の様子。

 望海台っていう高台から。

 地図はこちら

0022 

 出た、人工島!

 知る人ぞ知る契島

 竹原に近いけど、大崎上島に属するらしい。

 関係者以外、立ち入り禁止なレア中のレア案件だった。

 地図はこちら

0053

 島つながりで、大久島

 まさにうさぎの楽園だったなあ。

 これもレアな体験だった。

 一応、竹原市忠海町。

 地図はこちら

0029  

 この間の豪雨で被害を受けた三江線

 記憶によると、毛利隆元の墓がある安芸高田市佐々部→変電所(三次市作木町)のどこかで撮ったと思う。

 江の川を間近で見て、その迫力に圧倒された。

 おおよその地図はこちら

120809_121255

 こちらは、廃校で暮らしていた方の本拠地。

 市内からは行きにくい場所の一つ、神石高原町

 旧相渡小学校。

 ナビで出なくてすっごい苦労した。

 こんな所から行くの?っていう場所だった。

 ちなみに、ここに住まわれていたお客さんは、関東出身で農業の修行中だったはず。

 地図はこちら

120823_184207

 最後は、呉市の最南端(というか広島最南端では?)にある倉橋町

 橋を渡りすぎて、あの白い橋がどこの部分だったか記憶が定かじゃない・・。

 たぶん、鹿島に続く橋だと思う。

 倉橋は市内からでも半端じゃなく時間がかかる。

 調査員泣かせの場所だったなあ。

 地図はこちら

 以上、「夏」からいくつか選んでみた。

 次は、今の季節にぴったりの「秋」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真で振り返る2012年①―前置き

 2012年。

 人生の中で、あんなに日々季節と隣り合わせだった年ってなかった。

 せっかくいろんな所に行くからには、思い出を残しておきたいなと思ってて。

 だから、仕事の合間をみつけては、パシャパシャ撮ってきた。

 使ったカメラは以下3つ。

 古ーいデジカメ。

 機能性ゼロの携帯。

 会社支給のあいふぉん5。

 できればいいカメラで撮りたかったけど。

 ほんと、宮崎とは全く違って、中国地方は手ごろに季節感を楽しめる。

 ほどよい街と田舎が心地いい。

 この際、自分自身、懐かしむためにも季節ごとにまとめておこう。

 この写真たちを見て、中山間地域の良さが伝わると嬉しいな。

 ではでは、夏→秋→冬→春の順でお送りしましょう。

 牧水になった気分で、酒を片手に。。。

 どぞ ´ω`)ノ

 ※地図については、完全に記憶に頼ってるので間違ってる個所があるかも※

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どん底②―底がみえない

というわけで、まず進路を断たれたという意味で社会的底辺まで急転直下。

 

ただ、これだけじゃ終わらないのが底無沼のおそろしさ。

 

4年付き合ってきた彼女との破局が待ち構えていた。

 

ただ、原因は「試験に落ちた」からじゃない。

 

互いにマンネリから抜け出せなかったこと。

 

彼女も地元に帰って仕事をするため。

 

1年前には思いもよらなかった結末。

 

この雌伏(結局起きることはなかった・・)の期間に、少しずつ破局の方向に向かっていった。

 

お互いそれを分かりつつ、試験の日を迎え、終えた。

 

なんでこうなってしまったんだろう。。。

 

取り返しのつかない道を選んでしまったようだ。

 

しかも、進路も断たれてしまうという悲劇。

 

試験の結果が出るまで、身動きが取れず、派遣時代の蓄えで約3か月間生活してきた。

 

最後の沼は、カネです。

 

貯金までむしり取られる始末・・。

 

ユメもオンナもカネも失った。

ついでに髪もなくなりつつある・・○rz

 

さすがに、こういうのをどん底って呼ぶんじゃなかろうか。

 

そ、底がみえない・・。

 

不合格を知って1週間が過ぎたけど、ほんと何をすることもなく漫然と過ごしてきた。

 

まず、宮崎に帰るか、広島に残るか。

 

迷った。

 

そして、公務員を諦めるかどうか。

 

県庁職の制限年齢まではあと2年あるし、もう1回受けなおすこともできる。

 

でも、最後の面接まで進んで落ちたことの意味を真摯に受け止めるべきかと。

 

つまり、年齢に相応しい力がなく、一緒に働きたいとは思えない

 

そう判断された。

 

結果とは裏腹に、自分としては誰よりも故郷のことを思って勉強してきたつもり。

 

市役所も受けず「県庁職一本」というまっすぐな姿勢もみせたつもり。

 

それでも、宮崎には必要がないということ。

 

ここを重く受け止めたい。

 

ついに、故郷にも見限られちゃった。

 

 

そう。

 

この時点で、もう宮崎に帰る理由もないじゃないか。

 

そもそも仕事がないんだから。

 

この1週間で宮崎に帰るという選択肢は消えてしまった。

 

さて、広島に残るならどうするのか。

 

あいにく、やりたいことがない。

 

でも、この挫折は自分の成長で乗り越えなきゃいけないなって思っている。

 

より厳しくて成長できそうな場所。

 

いま、前の職場に戻ろうと思っているところ。

 

もし。

 

もし、10年後にもまだ行政職に携わりたい思いが変わっていなかったら・・

 

そのときは、オーバーエージ枠(社会人枠)で県職員を受ける選択肢も考えている。

 

そのときは、見返してやる。

 

そのときは、必ず後悔させてやる。

 

「やられたらやり返す」

 

そんな反発心を糧に新たなスタートをきろうかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どん底①―底無沼に落ちるまで

  さて、掲題の通り、ただいま人生のどん底にいます。

  近況を記録しておく前に、前職を辞めてから現在まで何をしていたのか、振り返ってみましょ。


 

実は、地方上級(公務員)に就いてやりたいことがみつかったから、思い切って会社を辞めた。

 

 で、独学で勉強をしなきゃいけないと。

 

 勉強しててもお金は入ってこないので、1年後の試験までは派遣で働くことにした。

 

 派遣先では某携帯キャリアの電波調査を担当することに決まった。

 

 規約に触れない程度にちょっと説明しておくと・・

 

 調査対象は、広島島根山口の、街のど真ん中や山奥、離島に住むお客さんの家。

 

 有料道路や高速道路、ときにはフェリーを使って三県を縦横無尽に走り回ってきた。

 

 お客さんの希望時間に合わせないといけないこと。

 

 エリアが広いため、移動距離が長いこと。

 

 そして、訪問業務と事務作業が分担されておらず、非効率な個人プレーになっていたこと。

 

 などが原因で、派遣なのに常に残業残業だった。

 

 苦労したのは勉強時間の確保。

 

 その反面、前職と違って残業代がきっちり出たため、参考書や書籍、旅費など稼ぐことができた。


まあ、プラマイ0ってところでしょうか。

 

 ただ、所詮ハケンはハケン。

 

 ボーナスもなければ、人としても扱われない。

 

 

 

 調節弁として都合よく使われる哀れな駒。

 

 なんて情けなくて悔しくて惨めな立場だろう。

 

 そう思いながら仕事をし、ちょうど1年後に契約を終えた。

 

 


 先月なんとか1次試験をパスし、先日2次試験を受けてきた。

 

 そしてこの間、結果が出た。



結果はなんと・・




不合格

 

 

  ┐(´-`)┌

 

 

つまり、正社員 → 派遣+勉強 → 不合格 → ニート


いまニート中なんです><

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2015年2月 »