カテゴリー「スポーツ」の記事

さようなら建さん

0038
 29日、高橋建の引退試合に行ってきました。

 序盤に4点取られて、「あー、昔とちっとも変わってないなこの(負け)パターン」と思ってたら、その直後に逆転!

 栗原の打球がラッキーなことにイレギュラーしてくれたおかげで、建さんと同期のに打順が、、、

 そしたらまさかの嶋ムランsign03

 自分が見に行く試合は嶋が活躍する気がする(*´σー`)

 いやーほんといいタイミングで打ってくれた。この試合で一番盛り上がったシーンだったと思う。

 ここからあれよあれよと点が入って、試合もちょっと間延びしてきた。

 とは言いつつ、試合はゆったりと進みながらも、一方で確実に最後の時は近づいていたわけで、球場に駆けつけた人の中には、いっそこのときが来なければ・・なんて思ってた方もいるんじゃないかな、、、
 0045
 ⑧回裏の頭に建さん登場∑(゚∇゚|||)

 てっきり最終回かと思ってたからすごいビックリした。

 建さんコールの中、三球三振(確か全部140㌔代ってゆー。

 カスティーヨの空振り(演技)も面白かったけど、そんなことより、まだやれるんじゃないかと思わせるようなストレートがまだ投げれることに驚いた。

 ここでちょいと高橋建についての回想を。。。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...

 高橋建は自分が小っちゃい頃から知っている選手の一人で、当時は華奢だけども球速のある左腕っていうイメージ。確かあの頃(95、6年?)から大野や佐々岡、紀藤、山内らとともに、一軍で投げていたと思う。投球フォームが格好良くて、あんまりパッとしない成績だけども印象が強くて好きだったなあ。

 2000年中盤あたりから、変化球を上手く混ぜ込む投球に変えてて、味のあるベテラン投手に変わってきてた。

 昔は、撃たれ続けるとムキになって、あくまでも速球で押してくる感じだったけど、投球スタイルを変えてからは落ち着きがあったし、粘り強さく投げてたイメージ。そしていつかしか、「高橋建」から「建さん」と呼ばれるように。

 まあ、あくまでもイメージですが^ ^;

 あ、あと忘れちゃいけないのが打撃面flair

 一番印象に残っているのは、確か2008年のゴールデンウィーク中にあった横浜戦で、先制ホームランを打ったあの場面。ちょうどライトスタンドで見てて、「振らにゃー何もー…」で始まる投手専用応援歌を流れ始めて、周りも本気で期待せず「強気ーで いちーかばーちか フールスイーングー」て歌ってたところ、誰も点を入れないから自分で点を獲りにいくってゆーヾ(*゚A`)ノいやー驚いた(笑)

 あ、もう一つ、フィールディングのよさも建さんの特徴。

 さすが大学時代で野手していただけのことはありますなeye

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 さて、話を戻しましょ。

 「涙のK締め」で引退を飾った建さん。

 最終回は嶋と同じく、これまた同期の横山

 意気込みが違ってた。

 早や、ピシャリと三人で締めてくれました。

 万感の想いで臨んだ横山

 前田さんが、浅井や佐々岡の引退試合で打ちまくったように、何ともいえない力が内からみなぎってきて、普段以上の力が発揮されるんだろね。

 果たして前田さんのときは・・?

 もう同期すらいないし、送り出すに相応しい選手は嶋?くらいしかいない。。。

 でも別れの時期は確実に近づいている・・・いやいや考えられんしほんとに(;´Д⊂

 考えただけで涙が出そうだから、考えないことにしよう。

 そういえば、前田さんの出番がなかった

 試合展開から言えば仕方なかったけど、それでもやっぱり自分も出場して建さんの引退を見届けたいっていう思いはあったと思うんだけど。

 謙二郎は真顔でずーっと腕組んでるけど、ベンチで一体何を考えてるんだろ。

 不服。

 まあ言っても仕方ないし、また話を建さんに戻そう。

 現役最後のお立ち台、引退セレモニーは感動的だった。

 中でも印象的だったのは、家族に対する感謝の言葉。

 マウンドでは闘争心というか負けん気の強さを全面に出して投げてた。それが禍となって、痛打をくらうこともしばしばだったけど(苦笑)、やっぱりマウンドを降りるとすごく温和な選手なんだなあと改めて思った。建さんが家族に対して深く感謝する姿や、娘さんが涙する姿を見ていると、建さんの優しさが一番表れていた場所、それは家庭だったのかなあと感じた。人柄の良さがよく表れた場面だった(´;ω;`)

 すごくいい記録を残したわけではないけど、優勝・Aクラスからどんどん離れ、低迷していくカープをずっと支え続けてくれた建さんの貢献度は高いし、ファンは記録よりもその謙虚で温和な人柄にほれ込んでると思うなあ。少なくとも自分はそう。

 16年間おつかれさまでした。

 またカープに戻ってくることを楽しみにしています。

0067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら「OGATA」

 0271

 この一週間、カープ所属の「OGATA」がチームを去ることになって凹んでました(u_u。) だいぶ落ち着いたので、今回は二人の「OGATA」に関する想いを簡単に書いてみます。。。

 まず、緒方孝市。先日の引退試合では感動的なプレーを見せてくれました。詳しい内容は周知の通りで、個人的には最後の走塁シーンが印象的でした。怪我に怪我を重ねた体がもう限界なんだっていうことを物語っていて、怪我をしても懸命に這い上がってきた緒方もさすがにもう……というシーンでした。それを見てすごく胸に来るものがありました。23年間、常に全力プレーでファンに対して諦めない姿勢を見せてくれた緒方。有終の美を飾れなかったことはファンとしても悔しいけど、次は指導者としてカープに優勝をもたらして下さい。本当におつかれさまでした。。。

 そしてもう一人、尾形佳紀。先日まさかの戦力外通告を受けました。前田さんの次に好きな選手だっただけに、そりゃもうショックでした・・・。尾形の他により適当な選手が何人かいたから、まさかないだろうと思ってたけど、聞いてビックリもう呆然でした。

 尾形を初めて見たとき(2004年)、久々に足が速くて打撃のいいカープらしい選手が入ってきた!と衝撃を受けました。デビュー二年目の開幕戦でスタメン出場、マルチ安打を決めて当初はまさに絶好調でした(守備はノーコメントでw)。しかし、交流戦で古傷の右ひざを損傷し、即登録を抹消され、それから約二年弱もの間姿を見せませんでした。実はプロ入り前に大怪我をしたせいでプロを断念して社会人に入り、そしてやっとプロ入りを果たした後の悲劇でした。これほど長期にわたるとは思ってなくて、久々に一軍に上がってきたときはそれだけでもう満足だった覚えがあります。その上がってきた年(2007?)で忘れられない試合が、8月末(多分)の巨人戦で放ったサヨナラ弾。確か9表に永川が同点に追いつかれて、その裏二死走塁なしの場面で代打で出場したんだったと思う・・ちと記憶が曖昧(゚ー゚; で、三木っていう投手から、何球目か忘れたけど、尾形らしく思いっきり振り切った打球はライトスタンドに吸い込まれサヨナラを決めるという劇的な幕切れでした。このとき実家のCATVで初回からずっと見てたんだけど、この瞬間は「しゃああああああ!!!」って叫びながら立ち上がって拍手してました(^-^; ほんとそれくらい嬉しかったですね、あの試合は。そしてその日のお立ち台に呼ばれていった言葉に泣かされました。「また野球ができるとは思わなかった」という本音と、戻ってこれたのはファンのおかげだというようなことを確か言ってました。尾形が泣いてたのを見て観客も感動してましたね。それほど切羽詰ってたのか・・よく這い上がってきた尾形!って思うと、自分も泣かないわけにはいかなかったですねつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

 それ以後は、再び故障もあって中々上に上がってこれず、今回首を切られました。正直言って、納得はできません。人気も実績もある尾形をきるなら、他の給料泥棒はどうなるの!?と思ってしまうし、見切るのが早すぎると思うからです。ただ、スカウト転向の打診に対して、尾形がすんなりと承諾し、現役にこだわる姿勢を見せない所から考えると、もしかしたら、大怪我でもう足が使い物にならないのかなと思ってしまいますね・・。抜群のセンスで有望視されていただけに、プロ入り前と入団後の怪我が悔やまれます。。。プロ選手としての期間は短かったけど、その僅かな期間の中で鮮烈な印象を与え、また怪我後も懸命に這い上がってきた姿勢に、多くのカープファンがあなたを愛していました。実際に去年までは背番号4をつけたファンはたくさん球場にいましたしね。ここで尾形の選手生命が終わるのは悔しいし、悲しいけど…緒方と同様、指導者としてチーム作りの支えとなってください。

 

 今のカープで、カープの伝統を受け継いでる現役選手は前田さんだけです。伝統って何?って言われると答えにくいし、人によって見方が違うんだろうけど、自分は諦めない精神、向上心だと思います。自分が少年時代のカープはほんとに強かったです。それはチーム力だけじゃなく、いくら点を取られてもじわじわと追い上げるあのしぶとさ、勝ちにこだわる姿勢、つまり諦めない精神が根っこにあったから強い野球ができたんだと思ってます。精神論ってあまり好きじゃないですが、これに関してはどうもそう思いたくなりますね。一方、今のチームからは、はっきり言ってそういう姿勢は微塵も感じられませんね。前田・緒方を抜いたら、外部から来た石井くらいでしょう。だから、野村新監督にはスキルだけじゃなくこの辺も徹底的に鍛えてもらいたいです。いきなり監督なんだし、初めは失敗してもいいと思います。ただ、前任者みたく、自分で説明をつけれないような采配(=迷采配)や贔屓だけはして欲しくないです。なので、野村に期待するのは①カープの伝統を伝えること ②理にかなった采配 の二つです。新体制になってカープはきっと変わると思います。ただこれに関しては根拠はないですw 球団にはこれを機に、監督だけじゃなく首脳陣にもメスを入れて欲しいですね。根っこから変われば、数年後には強いカープが再びやってくるはずです。戦力的に決して他と見劣りしない今こそ、思い切った根っこの変革(外部招聘など)が必要だと思うんですがどうでしょう?

 

 最後になりましたが、緒方も尾形も、怪我をして悔しい思いをし、それに耐えて這い上がってきた分、きっといい指導者になれると思います。選手を辞めても人間的にも魅力ある二人のことが好きなので、第二の野球人生も応援しています|ω・)ノ
 たくさんの感動をありがとう!!また球場で会おう!

※写真は2007年の最終試合(=佐々岡引退試合)での一幕。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

vs.横浜(9月29日)

0142

 友達と野球観戦に行ってきました。大学一年では、8回二年では、13回。そして今年は……たったの2回。アホ監督の采配に我慢できず、開幕戦以来という、自分にとっちゃあり得ない年になってしまった。

 写真はその前田さんの看板。JR広島駅から新球場に向かう道路沿いに、④月の時点ではなかった主力選手の看板が並んでた。試合終了後、ここの通りを再び通って帰るとき、前田さんの看板を見て、人ごみの中思わずじっと立ち尽くしてしまった・・。当然ながら、前田さんがいない試合なんて見ても面白くなかった。おととしや去年のように、前田さんがいる試合が当たり前だったから、今の境遇がほんと残念で、思わず涙が出そうに・・(つд⊂)来年こそ新監督の下、前田さんが復活することを祈ってますweep

0143 0146 0158_2

 肝心の試合ですが、えー、あまりの貧打に言葉が出なかったsweat02最終回までまさかの1安打。。。対する横浜打線も、監督が最善の策を用いてもそれに選手が応えられず、なかなか逆転できないってゆー。なんともレベルの低い試合展開。結局9回裏、廣瀬のヒットを足がかりに、最後は栗原が意地の一振りでゲームを決めました。ヒーローは栗原だったけど、真のヒーローは小窪でしょsign019回表、絶体絶命のピンチを、ダイビングキャッチでアウトにしたあのプレーがあったから、最終回の攻撃につながったんだと思うなあ。

 正直見所はそれだけだったけど、開幕前から使え使えと言ってた、小窪廣瀬の二人が活躍してくれたから、一応収穫はあったかな。あと、横浜打線とはいえ、投手陣はきっちり仕事をしてくれました。来季、まともな采配で舵を切ってくれれば、CSも十分狙えるなって感じたeyeそれにしてもカープにいる害(外)人は、シュルツ以外何の役にも立たんなあ^ ^;

※写真右から…試合前の球場とカープお姉さん/友達とバックスクリーン/当日のヒーロー、栗原


0149

 こちらは定番のカープうどんnote 恥ずかしい話、あんだけ球場行っといてこれまで食べたことなかったってゆー(゚ー゚;A お味のほうはというと、、、噂どおりこれといって普通w

 

0155 0159

 こちらは横浜のアゴ川じゃなくて、内川。横から見ると顕著でしたw
 この日はもちろん前田さんのユニ・タオル・リストバンド・団扇で固めて観戦。これが基本ですよね~|∀・) 来年こそ指定席であるレフトの守備につく前田さんを見たいなあ・・。

 

 緒方がついに引退を表明しましたね。少年時代から憧れてた選手たちがどんどん引退していく中、広島からもまた一人去っていく・・。ほんと寂しいです(ρ_;)前田さんと同じく、怪我に悩まされた選手。全盛期は攻走守全てが揃ってて、手がつけられない素晴らしい選手でした。一見クールに見える緒方だけど、内に秘める闘志と時折見せるガッツ溢れるプレーは今も目に焼きついてます。今は悲しいけど、またいつか広島に戻ってきて、チームを優勝に導いてくれることを期待してます。少し早いですが、23年間本当におつかれさまでした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

めげるなチャーリー!

 五月に入って初めてのブログ更新(;´▽`A``
 さて、五月病も大分落ち着いてきたgawk今年の目標はバイトと勉強の両立。これ中々難しいわw週3~4で夕勤に入ってるんだけど、演習の発表も二ヶ月以内に四度来るわけだし、いよいよ前半戦の第一回目の正念場を迎えそう…sweat01

 ついにブラウンの阿呆さに呆れてしまい、tv観戦すらここ最近はしてなかったんだけど、今日久々に見た。そしたら相変わらずの貧打(笑) なんで一ヶ月前から一切進歩してないの?言い換えれば、選手個々人の力の問題以前に、何で一ヶ月経ってもまだ贔屓を続けてるんだ?ってこと。梵ちゃんスタメンとか笑わすわほんとwどんだけお気に入りなんかよw 最近までマクレーンレフトで、シーボルをサード、あろうことか嶋と梵も試合に出続けとる事態だったわけだけど、今日のスタメンは梵・石原以外妥当かな。今日はセカンド東出でしたねw

 肝心の試合内容…はっきり言って見所なし!つまらないです。逆に、巨人の1・2番コンビが攻守ともに機能してて相当戦力になってるっていうことのほうが収穫だったし。いいなーほんと。うちじゃ坂本版になれそうなのが小窪なのにね。。なぜか二軍にいます。ブラウンの脳内イカレすぎです^^
 気になった点だけ挙げていくと、まず第一に貧打・オーダー。即刻梵を一軍から消せ。マクレーンは獲得自体かなり疑問だったし、最初から期待してなかったから全然おkです。打てない助っ人は要らないんで、そのうち小窪や石井、松本に変えて、彼にはさいならーポイッでしょ。あと捕手は必ずしも石原じゃなくていいって主張してきたけど、そろそろ変えていいんじゃない?倉でもいいし、どうせ2割なんだから、経験させるなら意味で上村のほうがよっぽどいいと思う。様子見のためにどうしてもマクレーンを入れるなら7番限定。掃除できない打者はクリーンアップに入れるべきじゃない。ましてや当たれば…っていう打者とか今のカープ打線から考えて持っての外。5・6番は廣瀬か末永でいいと思うな。

 先発は小松でした。いい経験できたね。当然のことだけど、通用しなくて当然の立場にいるんだし、この先打たれて負けての経験を繰り返していけばおk。てか絶対通用しないわな、今日見てた感じじゃ。素人からしても思う。コースは甘いし、直球と変化球を有効に使う投球法を上手く掴みきれてないまま上がってきた感じに見えました。今日1点に抑えれたのは偶々中の偶々。次はきっとそうはいかない。って、ルーキーなんだし今の状態で精一杯よね。ファンはみんな分かってるから、思い切って投げて打たれて勉強して、下で生かしてくれたら儲物って感じで(^-^;

 そして今日の敗因の第一位は貧打なんだけど、それ以外に大きかったのは⑨回の廣瀬のエラー。最後のワイルドピッチはまあしょうがないかな・・。強いライナー性の打球がライトに飛び、廣瀬が前に出るか出ないか躊躇い、結局中途半端に突っ込んでしまって後逸という…。名手のまさかの失策に「あれま・・」ってなりました。自分も長いこと外野守ってたから共感できるけど、確かにライナーの処理って難しい。個人的には序盤に末永がレフト飛球をキャッチした、あのケースより難しかったと思う。末永の場合は落下地点を予測しながら全力で走ればいい。でも廣瀬の場合は、どこでバウンドして、どれくらい跳ねそうなのかを瞬時に予測しないと早めの一歩が踏み出せない。芝の状態がどうだったか分からないけど、もし最終回の時点でも雨で濡れたのが乾いていなかったら芝にたどり着きそしてバウンドする速度は通常より速く、しかもやや跳ねないケースが多い。多分、あの場面「あれ?これノーバウンドでいけるんだろうか?」って思って下がらずにとりあえず様子見。当然早めの一歩を踏み出せず「うわ、これ思ったより速く低いライナーだわ、さがらにゃまずい」って気づいた頃には「ダメだ。下がるにはもう間に合わない」じゃあ「かなり難しいバウンドになるけど少しでも前に出て、体を使って前に落とすことで長打になるのを防ごう」とした結果、予想通り難しいバウンド処理になってしまい、しかも打球があまり跳ず・・結局ボールを体でとめることすらできなかったんじゃないかな。初めから下がっていれば何の問題もない打球に見えるわけだけど、あれは判断ミスしやすい場面だったと思う。現に名手がエラーしてしまったわけだし。でも、難しいとは言えやはりプロ。内野のエラーは許されることが多いけど、外野のエラーはあり得ない。というわけで、廣瀬のエラーはあり得ないミスになるわな。ただ、いくらエラーしたって言っても、これまで守備で貢献してきたわけだし、それがチャラになったって考えれば全然許されるミスでしょ。そういった意味で、今日は廣瀬も悪かったけど、やってしまったミスは仕方がない。その代わり次の試合で取り返してくれよ!っていう見方でいいと思う。どっちにしろ今日の得点は相手のミスだったわけだし、安打で点をゲットできない貧打線(笑)が敗因じゃて。これくらいで落ち込むなよチャーリーsign03がんばれsign01

 そして、最終回の采配に自分は疑問が・・・なぜ廣瀬に代打喜田GOで、石原をそのまま打たせたのか?てかベンチに松本がいないことに今気づいた(笑)なんでw?使えない外人たちにはたくさんチャンスを与え、下から上がった若手にはろくにチャンスも与えず。ちょろっと使って何もなければすぐ二軍へ。これです、うちの監督の頭が狂ってるのは。どう考えても理解できない思考回路。絶対あいつは監督の役割と野球を理解してないまま、日本に来て条件クリアもできずに恥さらしながら監督し続けてるだってば。こんな人が監督してて何ぞ観戦しに行こうと思えるか。最下位になる前に辞めとけば?もっと恥かくよ^^

 失策を挽回したい廣瀬、最終回は彼に打順が回ってくる予定だった。打順は⑦番。次が⑧番の石原。そして⑨番投手の永川。代打の切り札が不在なのはしょうがないとして、上がってきた選手やスタメンから外れてる選手を試せる機会こそ、ランナーがいない場面での代打でしょ。さらに今日の試合で末永・廣瀬はヒットを打ってて、石原はバットにかすらせるのが精一杯の打撃。どう考えても、代打を出すなら⑧・⑨のところでしょ。末永・広瀬が出塁できんかったら、それは仕方がないでいいじゃん。なのに、可能性の高いほうに代打、しかもモチベーションとしては「何が何でも出塁してミスを帳消しにする!」って意気込んでる心理状態なのに・・それを遮ってまで出す代打の場面か!?あれが?いい加減にせえよ!とっとと国に帰れ。んで豚インフルに見舞われろ。さすがにこれくらい言いたくなるわ、あんだけ頭悪いと。苛立つクソ采配を最後に見せてくれたクソ監督に脱帽ですわ(# ゚Д゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地元開幕戦(4/10 広島対中日一回戦)

000

 51年の歴史に幕を閉じた市民球場に代わって、2009年度から『マツダZOOMZOOMスタジアム』をホームとして戦っていきます!その記念すべき開幕戦が昨日ナイトゲームでありました。④コマ終わると即友達とチャリで西条駅→広島駅へ。んで、広島駅に着いて新球場に向かう人の数にびっくり!市民球場は街のど真ん中だった=いろんな方面から人が集まってくるのに対して、駅~新球場間は二つのルートしかないためみんな一斉に球場に向かう、これが塊になって余計多く感じました…(゚д゚;)
①枚目は新球場への道半ばでの一コマ
 今年からビン・カン・ペットボトルは持ち込み禁止(くっ…pout)。というわけで、門前で持ち物検査。ここで見つかった場合は、向こうが用意してくれる紙コップに移さないといけません。実質持ち込めるんだけど、ビールなんてコップに移したらもうすぐ飲まなきゃおいしくないからねえ。それにコップに移すんだから本数自体もあまり持ちこめない。結局、飲もうと思えば場内で買わんとダメっぽいす○rz お菓子やご飯は持ち込んでもオッケー♪まあ新球場でのフード販売は結構力入れてるっぽいから、お金に余裕があれば食べてみるのもアリかもflair

000_4

000_5 000_6②・③・④枚目…ビジターパフォーマンスより


 

 18:00プレイボール!カープのスタメンはもう見るからに非力メンバー(打撃)。ただ現状では仕方ないかも。前田の復帰が遅れてるため、自分の希望じゃなく予想オーダーに近い面子で開幕から戦ってますね。清掃者が栗原一人という状況。昨日は二安打だったけど変化球にはさっぱり。やっぱり今の嶋は不調でしょう。それでもブラウンのアホは廣瀬を二軍に追いやったので、前田が戻ってくるまでの辛抱だわ…。シーボルと天谷の守備下手すぎるwせめて攻か守どっちかで光ってくれなきゃ何の取り柄もない状況です><
 肝心の試合内容…。ルイスvs.吉見。初打点・初ホーマーを和田にもってかれました(伊達にハゲてないw)。ルイスは球速はあったものの制球難、⑤回森野にツーランを浴びた時点で完全に集中力が切れたようにみえた。ルイスはテンポよくストライクを取って、力でねじ伏せるタイプ(だと思う)。球種がない分やはり制球が命。ある程度コースに集まれば打てないと思うんだけどなあ。果たして二年目のルイスはどうなる…? 

 中継ぎ…上野←うん二軍にいってら~^ ^

 打線は東出のタイムリーだけで、他はポンコツでした。機動力も何も塁に出れないんだからどうしようもないよ。最終回の二点なんて相手のお情けだからねwほんと言葉もない。初日にこんな試合してりゃあ、そりゃファンも激怒じゃろannoyそんなんだから実際に⑦、⑧回には帰る客が目立った(⑥枚目)。残念な開幕戦でした。でも、球場には大満足note今回は友達のおかげでなんとかビジターパフォーマンス席を取れたんだけど(←売り切れ騒動で一時はあきらめてました)、次からは当然ライトパフォーマンス・ライト指定席に座ってバンバン応援していくぞ\(^o^)/前田さん、はやく復帰してください(´Д`;≡;´Д`)

000_8

000_10 000_11 000_12 000_13

⑤枚目…駅貨物ヤード跡地に作ってるんで、電車・新幹線がすぐ側を通ります。だから風船があまり高く飛ばないような仕様になってるとか。⑧枚目…試合後いろんな席を回ってみました ⑨枚目…正面出入り口

| | コメント (1) | トラックバック (0)