カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

腹決めのとき

大人になると、あっという間に時間が経つ。

憧れの広島に来て9年が経った。

気づいた時には、宮崎で過ごした20年を上回るんだろな。。。

大学時代の親友も、ついに来月結婚する。

他人の幸せには鈍感な方だけど、仲間の幸せには素直に喜べる一面があるっぽい。

心温まる一年になったなあ。

随分と遠回りした人生も今年で30年。

侍からしたら、2倍も年とったおっさんだ。

15で腹決めするなんてすごいや。

そんな不甲斐ないおじさん侍も、いよいよ腹決めするときが来た。

決めるは、捨てること。

決めるは、覚悟を持つこと。

なんだか、暗くて重苦しいな。

ええい、前向きに、、、

決めるは、幸せになる道を選ぶこと。

うん、こっちのほうがいいや。

中途半端な仕事人生、私生活におさらばしたいから、勇気を持って決めよう。

遅くなったけど・・

自律して、而立して、分かち合える人生にしていくぞ(゚ー゚ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“WHITE TOUR 2015”in Hiroshima

150803_162818_ed
 2年半ぶりの全国ツアー!

 セトリは以下(他サイト他日のものを参考にうろ覚え作成)。 

 1.White Light
 2.
リビドーに告ぐ
 3.
マニュフェスト
 4.Live
 5.
色を剥がして
 6.Space
 7.
愛をこめて花束を
 8.
極彩色ハートビート
 9.A
HAHA
 10.i spy i spy
 11.Woman
 12.
タマシイレボリューション
 13.Alright!!
 14.Force
 15.
愛をからだに吹き込んで
 16.Beautiful

 *アンコール*

 17. You You
 18. Copy & Paste
 19. On Your Side

 20.いつか私は歌をうたう

 多保さんの楽曲から離れ、曲調も歌い方もこれまでとがらっと変わった今回。

 最初アルバムを聴いたときはギャップに苦しんだけど・・

 ライブ映えのする曲たちで、意外と心地よく聴けた。

 (と言いながら、一番感動した曲は「Live」という、、、)

 曲のアレンジ、映像、照明の工夫が一体感をつくりあげていて、すっと入りこめた。

 何よりも、最初から最後までのびのび歌う志帆さんの姿がまぶしくて、感動した。

 そうか、作風は変わっても歌い続ける志帆さんの姿を見れるだけで幸せだなと気づいた。

 いつかアリーナに参戦してみたいな。

 蔦谷さん、八橋さん、種田さん、曽根さん、マツキチ、パルパル、 そして志帆さん。

 最高のひと時に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6年前のあの夏は

150725_220645_ed_2
 iPod nano第4世代死亡・・

 やむを得ず買い直した。

 相変わらず、後ろに印字を依頼。

 先代と同じ、「国史学研究室」の名。

 先代を弔う意味で、昔話を。。。

 ―――――――――――――――・・・・

 先代を買ったのは、大学3年の夏。

 近代演習で使用した「京都庵我村史料」を読んで分析するのに悪戦苦闘したな。

 たくさんの缶コーヒーに囲まれて、演習とバイトしかしてなかったな。

 あまりにも自炊せず、米に虫がいっぱいくっついてたな。 

 大学に入って以来、初めて夏に帰省したな。

 帰省して宮崎と友だちとお酒を満喫したな。

 先代は、国史学研修旅行のお供に買ったのがきっかけ。

 一番聴いていたのは、Superfly。

 そんなSuperflyは今年で7周年。

 曲調は変わったけど、志保さんは志保さん。

 今回もこっそり観に行くことに。

 8/3の広島講演が楽しみだな。

 二代目で『WHITE』を聴きこまなきゃ。

 先代、6年間ありがとう。

 先代のおかげで、あの苦しい夏はSuperflyの歌とともにいい思い出になったよ。

 ♪Superfly/1969

0006

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真で振り返る2012年⑤―冬

0261
 冬の調査は危険もあるけど、雪を見ることができて楽しかった。

 中国山地沿いは雪がたくさん降る。

 雪国の方々の厳しい暮らしに思いをはせながら、自分はあったかい車内でコーヒーを飲みながら勉強 (゚ー゚; 

 写真は朝倉PA。

 地図はこちら

0255 0256_2

 しんしんと降り続ける雪。

 青空に映える白化粧した山々。

 南国出身の自分には、新鮮で、どこか心落ち着く光景。

 ※左は吉和SA(下り)、山口IC前。

121224_113827
 12/24のクリマスイブにもかかわらず調査。

 小郡から峠に差し掛かると、一面真っ白。

 山口線沿いに走らせ、長門峡越えたあたりで左折した。

 そこから生雲を通過したときに、撮った記憶がある。

 がんがん降る中、必死に交通安全を願い立つ地蔵たち。

 無事スタッドレスだけで行けたのも、地蔵さま方のおかげかも。

 地図はこちら

121224_135405_ed_2
 むつみ温泉、うりの坊を通り、片俣小国という集落へ。

 新雪の中をおそるおそる走らせて、到着。

 長くつを新調していてよかった。

 もみの木のような木が、たっぷり雪化粧。

 こんなクリスマス初めてだったけど、異世界での運転は楽しく、幸福なひと時だったなあ。

 帰り、鹿野に出るまでの下道は死ぬ思いでしたが・・

 地図はこちら

 この体験がやみつきになり、今じゃ毎日交通情報をチェックする始末。

 ネクスコ西日本の高速ライブ。

 ひろしま、島根、山口の道路ナビ、道路カメラ。

 見るだけで幸せな気持ちになれる。

 いつか車買うことができたら、絶対、雪三昧してやろうと野望を叶えるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どん底②―底がみえない

というわけで、まず進路を断たれたという意味で社会的底辺まで急転直下。

 

ただ、これだけじゃ終わらないのが底無沼のおそろしさ。

 

4年付き合ってきた彼女との破局が待ち構えていた。

 

ただ、原因は「試験に落ちた」からじゃない。

 

互いにマンネリから抜け出せなかったこと。

 

彼女も地元に帰って仕事をするため。

 

1年前には思いもよらなかった結末。

 

この雌伏(結局起きることはなかった・・)の期間に、少しずつ破局の方向に向かっていった。

 

お互いそれを分かりつつ、試験の日を迎え、終えた。

 

なんでこうなってしまったんだろう。。。

 

取り返しのつかない道を選んでしまったようだ。

 

しかも、進路も断たれてしまうという悲劇。

 

試験の結果が出るまで、身動きが取れず、派遣時代の蓄えで約3か月間生活してきた。

 

最後の沼は、カネです。

 

貯金までむしり取られる始末・・。

 

ユメもオンナもカネも失った。

ついでに髪もなくなりつつある・・○rz

 

さすがに、こういうのをどん底って呼ぶんじゃなかろうか。

 

そ、底がみえない・・。

 

不合格を知って1週間が過ぎたけど、ほんと何をすることもなく漫然と過ごしてきた。

 

まず、宮崎に帰るか、広島に残るか。

 

迷った。

 

そして、公務員を諦めるかどうか。

 

県庁職の制限年齢まではあと2年あるし、もう1回受けなおすこともできる。

 

でも、最後の面接まで進んで落ちたことの意味を真摯に受け止めるべきかと。

 

つまり、年齢に相応しい力がなく、一緒に働きたいとは思えない

 

そう判断された。

 

結果とは裏腹に、自分としては誰よりも故郷のことを思って勉強してきたつもり。

 

市役所も受けず「県庁職一本」というまっすぐな姿勢もみせたつもり。

 

それでも、宮崎には必要がないということ。

 

ここを重く受け止めたい。

 

ついに、故郷にも見限られちゃった。

 

 

そう。

 

この時点で、もう宮崎に帰る理由もないじゃないか。

 

そもそも仕事がないんだから。

 

この1週間で宮崎に帰るという選択肢は消えてしまった。

 

さて、広島に残るならどうするのか。

 

あいにく、やりたいことがない。

 

でも、この挫折は自分の成長で乗り越えなきゃいけないなって思っている。

 

より厳しくて成長できそうな場所。

 

いま、前の職場に戻ろうと思っているところ。

 

もし。

 

もし、10年後にもまだ行政職に携わりたい思いが変わっていなかったら・・

 

そのときは、オーバーエージ枠(社会人枠)で県職員を受ける選択肢も考えている。

 

そのときは、見返してやる。

 

そのときは、必ず後悔させてやる。

 

「やられたらやり返す」

 

そんな反発心を糧に新たなスタートをきろうかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どん底①―底無沼に落ちるまで

  さて、掲題の通り、ただいま人生のどん底にいます。

  近況を記録しておく前に、前職を辞めてから現在まで何をしていたのか、振り返ってみましょ。


 

実は、地方上級(公務員)に就いてやりたいことがみつかったから、思い切って会社を辞めた。

 

 で、独学で勉強をしなきゃいけないと。

 

 勉強しててもお金は入ってこないので、1年後の試験までは派遣で働くことにした。

 

 派遣先では某携帯キャリアの電波調査を担当することに決まった。

 

 規約に触れない程度にちょっと説明しておくと・・

 

 調査対象は、広島島根山口の、街のど真ん中や山奥、離島に住むお客さんの家。

 

 有料道路や高速道路、ときにはフェリーを使って三県を縦横無尽に走り回ってきた。

 

 お客さんの希望時間に合わせないといけないこと。

 

 エリアが広いため、移動距離が長いこと。

 

 そして、訪問業務と事務作業が分担されておらず、非効率な個人プレーになっていたこと。

 

 などが原因で、派遣なのに常に残業残業だった。

 

 苦労したのは勉強時間の確保。

 

 その反面、前職と違って残業代がきっちり出たため、参考書や書籍、旅費など稼ぐことができた。


まあ、プラマイ0ってところでしょうか。

 

 ただ、所詮ハケンはハケン。

 

 ボーナスもなければ、人としても扱われない。

 

 

 

 調節弁として都合よく使われる哀れな駒。

 

 なんて情けなくて悔しくて惨めな立場だろう。

 

 そう思いながら仕事をし、ちょうど1年後に契約を終えた。

 

 


 先月なんとか1次試験をパスし、先日2次試験を受けてきた。

 

 そしてこの間、結果が出た。



結果はなんと・・




不合格

 

 

  ┐(´-`)┌

 

 

つまり、正社員 → 派遣+勉強 → 不合格 → ニート


いまニート中なんです><

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I won't worry my life away!

Jeasons
 久々の更新がちょっと暗め(というか重め)の内容だったんで、少し明るめの話を。。。

 Jason Mraz(ジェイソン・ムラーズ)。

 高2の初夏だったはず。

 洋楽でのPower Push(スペシャ)に「The Remedy(I Won't Worry)」が選ばれてた。

 癒しの声が気に入って、ファーストアルバム購入。

 全体的にゆったり目の曲調に、優しい歌声を重ねてくるので、勝手に春を感じる歌ってことにしてた。

 というわけで、自分の中ではジェーソンの曲は、春のうた。 

 広島も、ようやく窓を開けても過ごせるくらい日中は暖かくなってきた。

 日差しが少し差し込む部屋の中で、特に何もすることもなく、ゆったりと過ごすときに、流しっぱ。

 聴く頃合いと聴き方はこんな感じ。

 さて、4thアルバム「Love Is A Four Letter Word」(国内盤)も発売されたことだし、今日買いに行こうかな。



 いろんな動画がupされてるけど、個人的には最初のほうが好き。

 他のliveでの演奏よりリズムが早く、アレンジ度も適度。

 なんといっても若い勢いが感じられていい(・∀・)

 定番ばっかり挙げて申し訳ないけど、「You and I Both」も聴いてて心地いい。


 なんですかこの聴きやすいメロディと癒しの歌声・・

 こういうのを天賦の才って言うんでしょうか。

 卑怯-。。。

 懐かしい思い出がよみがえってくる。

 そして、いまの季節、いまの自分(の境遇)にぴったり。

 Yes!自分の心情にのせて「異」訳 ノ

 「これからのこと、心配ばっかりするつもりなんてないよ!」

 「人生投げ出したりしないよ!」

 Change!

 I won't worry my life away!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況報告―「人生の岐路に佇む」

 お久しぶりです。

 いったい何時に更新してるんだ?

 というツッコミはまあ抜きにして、、、

 もはや誰に語りかけているのかよう分からんけど、一応あんこは健在よ^^

 前回の更新からもう3ヶ月以上経ってましたか。

 その間、東京出張やら、旧友との再会やら帰省やら、いろいろあった。

 残しておきたいネタはあるんだけど、とりあえず近況を報告(というか記録)しておこうかなと思って。

 いま、人生の岐路に佇み中。

 先月の頭、ついに辞意を伝えた。

 そしてつい先日まで、引き留め工作に遭ってた。

 「理由は?」

 「考え直してくれ」

 「どこ行っても同じ」

 「もったいない」

 などなど、お決まりのセリフたちに正直に応答してきた。

 ちなみに、自分が辞めたい理由は以下の通り。

 本来やるべき仕事(責任)というものがある一方で、それを全うできないという実情があるにもかかわらず、できない状況が当たり前になっていて、結果、長期間働き続けたとしても、自身の成長につながりにくく、この現状を変えることが相当困難だと悟ったため

 製造の本来やるべき仕事といえば、主に、生産・品質管理、それに密接に関わってくる人(人件費)、モノ(在庫)、そして部門によっては機械点検・保守などがある。

 こんなの素人でも分かることだと思うけど、うちではこの辺りが非常に曖昧=いい加減だと言える。

 製造の使命は、時代(というかお客さま)のニーズに応じて、生産現場をシフトさせていくことだと思う。

 ということは、上に挙げた本来の仕事は、当然基礎を固めていないといけないし、基礎を固めた上で、日々反省し向上させていく必要があると思う。

 一方、うちの場合はというと、基礎固め以前の問題なんですね。

 第一に、勤務体制の問題

 表面上では、三交代制だけど、実際はほぼ二交代制。

 でも、所要員は三交代制にギリ見合うくらいの人数。

 ということは、閑散期であろうが繁忙期であろうが、社員数は常に不足しているわけ。

 それに加えて、P/Aの数も常に不足していて、年齢的な問題と国籍的な問題の両方が放置されている(=人の質)。

 さらにまずいことに、現場管理の方法が非常に原始的(アナログ)で、システム化されていないという問題。

 つまり、「所要員の確保」と「最低限のシステム化」という根本問題から変えていかない限り、シフトをどう組もうが、はじめっから「残業ありき」の「非管理業務従事」設定に組み込まれるってゆー。

 実際、閑散期であろうがなかろうが、勤務時間は常に12時間オーバー、しかもほぼ作業に従事状態で、休憩なんて取れる日が珍しいっていうのが日常茶飯事。

 こんな状況で、どうやって本来の仕事(管理)を全うしろっていうんだ!

 第二に、無いに等しい保障

 基本、残業代は出ない。

 事前申請によって超勤を認可してもらう決まりはあるものの、 もちろん上が許すわけがない。

 年末年始の3日間、平均19時間働こうが、節分で16時間も働こうが、いっさい出ない。

 おせちや巻寿司で儲けて、経費削減とはおいしい商売だこと。

 それぞれの問題を端的にいえば、、、

 第一の問題は、「勤務体制」;構造的問題

 第二の問題は、「保障内容」;風土的問題

 となる。

 8月以降、現場で働いてみて、「構造」的な問題と、いわゆる「社風」的な問題を変えることができないと、本来やるべき仕事を全うすることは不可能なんだなと、年末あたりに気づき始めたわけです。

 で、どうすれば変えることができるか頭を悩ませながら日々に追われてきたわけだけど、2月末にひとまず結論が出た。

 無理。

 挙げたらきりがないけど、冷静に考えると無理。

 前者については、自分ひとりで変えることはまず不可能。

 じゃあ、どうすればいいか。

 有志を募って・・という選択肢もあると思うけど、まず有志がいない…高齢な作業員ばかり…。

 じゃあ、強硬手段!

 上(部長クラス)に実情を伝え、強引に変えていく・・という選択肢。

 でも、実は、11月に思い切って直訴したことがある。

 結局何にも変わりませんでした。

 変えていこうとすらしてくれなかった。

 それもそのはず、上の人は現場の経験がないし、現場が一応回っている(出荷している)ように見えているから、優先的に解決される問題として認識されていないわけ。

 一番いい選択肢は、中間管理職と結託し、上層部と現場との関係を壊さずに改善方向へと突き上げていくことだと思う。

 困ったことに、うちには中間管理職というものがない・・。

 つまり、社長―部長(課長)―手足という組織なのです。

 自分が思うに、この構図で組織を上手く運用させていくためには、システム化されている必要があるのでは?

 うちの場合、システム化されていないから、非常に脆弱な組織のまま、何とか帳尻合わせで持ちこたえているんだと思うな。

 とにかく、自分としては、この問題に対する解決策はもう頭打ちだと感じた。

 一方、後者の問題はもっと壁が高い。

 中小だから多少の残業は仕方ないし、ゼロにしてくれとは言わない。

 だからこそ、せめて10時間超えた場合は、残業代を出してほしい。

 部長クラスの人がよく「会社はボランティアじゃないんだ」なんて抜かすけど、こっちだって生活が懸っているから「ボランティアで働いてるわけじゃないんだ」。

 ただ、この問題が「社風」的な問題であるかぎり、これこそ個人の力じゃどうしようもない。

 組合なんてあってないようなもの。

 もはや「絶対に超えられない壁」状態。

 以上、本来やりたい仕事があり、会社側もそれを要求してくる以上は、「環境」と「保障」という2つの問題を待ったなしで解決していかねば、製造部の社員を全うすることができない。

 それぞれの問題に対する解決策は、現実的に考えて「非常に困難」だと悟ったため、もはやこの会社には付いていけないと、正直に伝えた。

 自分が伝えた2つの問題に対し、前者に対しては「方法論はいくつでもある」、「シフトの組み方次第」と苦し紛れの回答。

 こっちとしては、その具体的な方法論を聞きたかったのに。

 後者に対しては、昔と比較することで「だいぶ変わってきた」と言い、挙句の果てには「(超勤を)付けたらいい」と言いだす始末。

 絶対信用なるものか。

 というわけで、結局、辞意をゆるがすほどの回答は出てこず、精神論だけで引き留め工作を仕掛けてくる日々が続いたわけです。

 部長面談を数回、社長面談を2回経て、結論が出た。

 退職。

 ただし、社長面談が自分に対して大きく影響を与えた。

 今後進むべき道を絞られた格好になったから。

 うちの社長の考えって、非常にユニークで、魅力的。

 今思い出しても、入社の決め手になった大きな要因だったといえる。

 にもかかわらず、内部体制(組織)がぐちゃぐちゃになってしまっている現状がすごく惜しい。。。

 その社長が「仕事をしていく上で、やはり何かしら懸けるものがないといけない」と言い聞かせてくれた。

 自分に心血注いで「懸け」たいものがあるだろうか?

 答えは、ある。

 それは、故郷の歴史・文化の保存に対し、何らかの形で貢献したいとうこと。

 卒業後は民間に歩むことで封じ込めていた夢を引っ張り出した。

 いまの自分がそっちの方向で歩み出すには、選択肢は2つ。

 1つは、小さなローカル出版社

 もうひとつは、公務員

 どちらも、このご時世で、なるまで・なった後のことを考えると、非常にリスキーで非現実的な選択肢だと思う。

 でも、思った。

 よし、この会社に残って矛盾を変えていくことに懸けるか、それとも「やりたいこと」に懸けるか。

 以上、二択で悩もう!

 って。

 それからは、いろんな説得を受けながら、どちらでいくべきか悩み続けた。

 そして、結論を出した。

 「やりたいことに人生を懸ける」

 そのきっかけは、大切な人からもらった言葉。

 「人生一度っきりだから、自分の思うように進めばいいと思うよ

 これは彼女から。

 そして、「あんこならきっとできるよ

 これは友達から。

 ふたりの言葉にすごく勇気づけられた。

 やっぱりね、辞めるっていう選択肢は「逃げ」だという自覚があるし、どこ行ってもそうした「矛盾」と立ち向かわないといけないと思うんだ。

 でも、自分としては「逃げ」ではなく、別のフィールドで「矛盾」と戦いたいんだ。

 それを分かってくれていようがいまいが、そっと背中を後押ししてくれる方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

 わたくし、あんこ。

 人生三度目の浪人生活に向けて、船を出す準備をしております|ω・)ノ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

写真で振り返る2011年冬

① Zona Italia
0049
 実は、彼女のお勤め先。

 交際2周年と自分の誕生日を記念にお邪魔してみたeye

0023 0025 0027

0028 00340040_2

0029_2 0043 0053




 

 解説付きでコースを堪能。

 前菜からメインまで全ておいしかった!(゚∀゚)

 4杯頼んだワインもうまうま♪頼んだ時期がよかったかな。

 彼女の満足そうな落ち着いた微笑みが印象的だったな。

 あ、お勤め先なので、これ以上はあまり言うまい^^;

 記念に買った「Whitehouse Cox」のキーケース。

 年末、社内にて中のキーごとごっそり盗られた・・

 それと同時期に、キャッツアイ(ライト)もフォルダごときれいさっぱり盗られた・・

 キーケースは、トイレに行ったときに、つい置き忘れてしまったから、自分が悪い。

 ライトは、その日だけ付けっぱなしにして、その場を離れてしまったから、自分が悪い。

 自分の不注意が招いた結果だけど、それにしても、人の物盗って何が楽しいんだ。

 呆気にとられて、怒る気力も湧かなかったです○rz

 彼女に申し訳ない…。

② 誕生日祝い

0070
 仕事帰りに、いつもの同期3人組で、薬研堀にある「蓮坊」に行ってみた。

 主に韓国鍋を提供してるそうな。

 雰囲気も味もなかなか○。

 ま、仕事が長引いたせいで満喫できんかったんですけどね;

 食事後、ふたりから誕生日ケーキのプレゼントがv

 大学時代から続く誕生会。

 社会人になっても祝ってもらえるって、なんて幸せもんなんだ私は(*´σー`)

③ クリスマス

111212_220325_2 111212_220434

 ラッキーなことに、クリスマスはシフトの関係上、連休に!

 ま、イブは半強制的休日出勤でしたが…。

 クリスマス直前に、彼女とドリミネーション見ながら、中心部へ。

 並木通りにひっそり佇む「Koharu亭」。

 店内はカウンターしかなくって狭いけど、大人な雰囲気が◎

111212_230356_2 111212_230208

 ハンバーグおいしかったbb

 ただ、バイトの新人さんっぽい子が、店長や同僚にいじめられてて可哀相だったな。

 料理の腕は一人前でも、人を扱う腕は半人前

 で、クリスマス当日は、ひっそりと自宅で食事。

110621_170255 111226_000914

 予約していたケーキを受け取りに「RABELAIS」へ。

 チョコとマロンが絶妙♪

 こっちに越してきて一番お世話になってるお店。

 店内の飾り付けがかわいくって、かわいらしい店員さんが丁寧に接してくれます。

 本川町にあるので、原爆ドームやそごうに用がある人はぜひ寄ってみては。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

写真で振り返る2011年秋

① 西条酒祭り
111008_111622_4

0009_7 0003_3

 卒業以来の西条

 この日は、同期の飲み友より一足先に会場に向かい、西条の町並みを懐かしみながら、道端で1杯。

 いや、2杯飲んだか^^;

 合流してからは、会場内で日本酒オンリー。

 夕方に酒蔵めぐって市内に戻り、広島駅前の居酒屋で二次会♪

 お酒も町も満喫できたし、楽しかったなあ(´∀`*)

 いやはや、住んでたときは田舎でやな町だったけど、今は不思議と恋しい町

 いろんな思い出が詰まってるからかな。。。

 あぁ、西条。

 また今年も行くからね。次は美酒鍋じゃ。

② 影虎

0011 0014

 串メインのお店。

 4年前にテレビで見て以来、気になってたんで、彼女と行ってきた。

 隠れ家的な雰囲気が◎

 ただ、ちゃぶ台が幅取るせいで座りにくいし、台が揺れ動くとこは、ちと不満かな。

③ えびす講祭りとオフ会

111115_225324 111118_015923_2

 結局、仕事で祭りには行けず終い。

 が、えびす通りは通勤路なもんだから、祭りの準備~終わりまでの雰囲気だけは味わうことができた。

 夜中のえびす通り。

 んで、えびす講祭りが始まる数日前に、人生2度目のオフ会をしてみた。

 お相手は、2浪のときからお世話になってるサイトの友達

 何度か触れたことがあるように、そのサイトは、基本的に「独り言」をつぶやくおかしな場所(ゆえに私にはツイッターを利用する必要などない)。

 慣れ合いは、あまりない。

 けど、稀に、夜中に慣れ合うことがある。

 稀にしかないから、言うて、互いの情報と近況を知ってるくらい。

 誰と会おうが、早い話が、初めましてな関係なんです。

 で、彼が出張で偶然広島に来ていたので、せっかくだし飲もうぜとなって、半兵衛で飲んでみた。

 いやー想像以上に面白かった(笑)

 酔って盛り上がったついでに、おてふに電話して、夢の3者会談v

 いつか九州属で集まりたいね。

 (つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧