カテゴリー「音楽」の記事

“WHITE TOUR 2015”in Hiroshima

150803_162818_ed
 2年半ぶりの全国ツアー!

 セトリは以下(他サイト他日のものを参考にうろ覚え作成)。 

 1.White Light
 2.
リビドーに告ぐ
 3.
マニュフェスト
 4.Live
 5.
色を剥がして
 6.Space
 7.
愛をこめて花束を
 8.
極彩色ハートビート
 9.A
HAHA
 10.i spy i spy
 11.Woman
 12.
タマシイレボリューション
 13.Alright!!
 14.Force
 15.
愛をからだに吹き込んで
 16.Beautiful

 *アンコール*

 17. You You
 18. Copy & Paste
 19. On Your Side

 20.いつか私は歌をうたう

 多保さんの楽曲から離れ、曲調も歌い方もこれまでとがらっと変わった今回。

 最初アルバムを聴いたときはギャップに苦しんだけど・・

 ライブ映えのする曲たちで、意外と心地よく聴けた。

 (と言いながら、一番感動した曲は「Live」という、、、)

 曲のアレンジ、映像、照明の工夫が一体感をつくりあげていて、すっと入りこめた。

 何よりも、最初から最後までのびのび歌う志帆さんの姿がまぶしくて、感動した。

 そうか、作風は変わっても歌い続ける志帆さんの姿を見れるだけで幸せだなと気づいた。

 いつかアリーナに参戦してみたいな。

 蔦谷さん、八橋さん、種田さん、曽根さん、マツキチ、パルパル、 そして志帆さん。

 最高のひと時に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“Live Force” in Hiroshima

0265
 ※ネタバレあり、注意※

 広島での1日目に参戦してきました ノ

 まずは、セットリストからどうぞ(某掲示板より)。

 ―――――――――――
 1.Force
 2.No Bandage
 3.Wildflower
 4.The Bird Without Wings
 5.Nitty Gritty
 6.愛をくらえ
 7.透明人間
 8.あぁ
 9.愛をこめて花束を
 10.919
 11.平成ホモサピエンス
 12.I My Me Mine Mine
 13.Free Planet
 14.Get High!!~アドレナリン~
 15.Alright!!
 16.輝く月のように

 *アンコール*
 17.タマシイレボリューション
 18.スタンディングオベーション
 ―――――――――――――

 今回のツアーは、もちろん4thアルバム『Force』メイン。

 制作にあたっては、①ライブ感のある楽曲で紡ぎたかったこと、また、②自分の中にあるあらゆる想いをさらけ出したかった、この2つの観点から出来上がった作品らしい。

 前回は聴き込みが足りなかったけど、今回はDisk2を中心に、かなり聴きこんでいきました。

 その甲斐あってか、曲のつなぎ目で「おぉ!ここであれ入れてくるんだ!」と、出だしの前から興奮できたし、声を出すべき所や拳を上げるポイントもしっかり把握ok^^

 とにかく、また生で見れて、プロの演奏を聴けて、ほんと楽しかった。

 夢のような時間でした・・( ^,_ゝ^)

 では、手短に感想などを。。。

 まずなによりも、志帆さんの声が快復に向かって一安心

 後半、若干かすれ気味だったのが気がかりだけど、終始、伸びのある突き抜ける歌声を聴かせてくれましたv

 MCからは、「倉敷」と「米子」に対する申し訳なさと、リベンジしてやるっていう想いが伝わってきて、改めて音楽に対する情熱と人柄のよさを感じた。

 印象深い曲については、どれも耳に残ってるけど、「あぁ」のアレンジver.がやっぱり一番かな。

 天井さえも突き抜けてくような、哀しいながらも力強い歌声が印象的でした。

 次に、今回志帆さんの次に楽しみにしてたのは、サポートメンバーの奏でる旋律と仕草。

 特に注目は、照明で一段と妖艶さを増すシルエットと、志帆さんに負けないくらいのパワフルかつ繊細な歌声を保持する、そう!この方m9っ`Д´)

0276
 *ツアーパンフレットより転載*

 コーラス「パルパル」!

 正直、今のSuperflyに対して、志帆さんをボーカルとしたバンドのような存在で捉えてて、誰か一人欠けるとSuperflyは成立しないような気さえする。 

 中でもお気に入りなのが、「オオヒナタハルコ」こと「パル姉」です。

 しっとり目の曲では、志帆さんの息遣いや音量に合わせて、さりげなく声を重ねるパルしゃん。

 一方、激しい曲では、小アイテムを1つ片手に、キレのある小ダンスで強めに被せてくパル姉。

 でも、さすがに「平成」では内に秘めた美声を抑えきれず、程よい感じで前に出てきます。

 前回のツアーでも、特に「Alright!!」や「Ah」では欠かせない存在だなあって思ってたけど、それ以降、日に日にパルパルの歌声が気になって気になって。。。

 今では、全曲にわたって必須な存在なのだと改めて気付かされました。

 パルパルに夢中なわたしですが、もちろん、他のメンバーも大好きです♪

 以下、ライブ中に気に入ったシーンをご紹介。

 ・合間々々に、余裕の表情で会場を見渡す……八橋さん!
 ・照れくさそうに紹介を受ける……種子田さん!
 →そんな二人が演奏中に陰でなにやらヒソヒソ話をする様子が微笑ましい

 ・セクシーさを持つ反面、口をぱくぱく、腕をパタパタさせる謎の動き…パルパル(笑)
 ・ちゃっかりギター持ってたキュートキャラ……サニー
 →この二人、演奏中に何度かアイコンタクト。サニーめ^^#

 ・衰えを全く感じさえないメリハリのあるクールビート……小田原さん!
 →みんなから一番愛されてるんじゃないか、小田原ゆたか~

 以上、彼らからはライブを楽しんでるのがすごく伝わってくるし、メンバー内の仲睦さも伝わってきて、もはやSuperflyいや志帆さんにとって、なくてはならない人たちなんじゃないかなと感じてます。

 いいサポートメンバーに恵まれて、志帆さんもすごく楽しそう。

 もはや7人で1つのアーティストのよう。

 さて、最後に全体の感想を。

 もう少しアレンジがあってもよかったかも。

 というのも、Disk2や代々木のフリーライブで、すでにスタンダードなライブ感を楽しませてくれてたから。

 CDでライブver.を出す唯一のデメリットは、ライブver.の再現じゃ物足りなくなってしまう点なのかも。

 そして、何よりも、「ミッキー」こと「昼海さん」が不在だったこと

 自分にとってはこれが一番残念だった・・。

 別に、「くさお」こと「草刈さん」が役不足というわけじゃない。

 というか、急な代役なのにむしろ上手く溶け込んでたし、パフォーマンスも申し分なかった。

 さすが初代バンマス

 でも、今回のアルバム自体、基本的には7人でずっとライブに向けて進んできた側面があるから、その分、メンバーそれぞれが、前回より今回のツアーに懸ける想いが違うだろうし、何よりも連帯感がすごく強くなってるのがこちらにもひしひしと伝わってきていた。

 パンフ見ても、このメンバーでぶっちぎるぞ!感が伝わってくるから、なおさら、途中離脱はショックでした・・。

 そこだけ唯一の残念な点かな。

 あとは、申し分なし!

 もう一度、あの歌声を聴けただけでも幸せです。

 志帆さん、Superflyバンドのみなさん、ありがとうございました。

 次こそ、ミッキーの元気な姿(ハシャがないタイプですが)を見たいし、贅沢言うなら、Mr.竹本さんの美声も聴きたいな。

 うん、長い。

 最後!

 ツアーグッズも買ったのでついでにアップ ノ

0278
 パンフ、Tシャツ、ブランケット、トート、コーヒースリーブ、チャームの合計6点。

0270_2 0269_2

0268_4 0272_4

 中でも、ブランケットがお気に入り♪

 今年は寒いし、車や勉強に大活躍だb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Force』

0036_4
 やっときたー!

 でけー!

 初回版LP付きアルバム!

 まあレコードないけど。

 いいの、いいの。

 そんなことより、早く聴きたかったんです。

 あの突き抜ける美声を!

 もう、アルバム4枚目もあれば、車中で退屈することなし。

 あぁ・・志帆さん、癒されますわ><

 いや、志帆たん?志帆チャソ?志帆様?

 ゴホン…^^;

 やっぱり志帆さんだな、うんうん。

 アルバム出るまでは、1st~3rdを延々とリピートしてた。

 不思議と、何回聴いても飽きないんだな-これが。

 いつも楽しそうに歌うお顔。

 バラードのときに魅せる切なそうなお顔。

 ライブ映像やPVを参考に、ひたすら想像。

 そして、歌詞はすべて志帆さんの実体験と考え、想像に想像をプラス。

 結果、、、

 自分には、かわいらしくって純粋な女性にしか見えてません。

 美化しすぎ?

 いやいや、これはこれでいいの。

 てか、志帆さんは純粋ですもの。

 いや-飽きないね^^;

0042
 なんと去年に引き続き、今年もLIVE参戦決定ヽ(´▽`)/

 「生志帆」ですよ!

 当日のことを考えると、もう「全てのことが」「フンワリうわの空」なんですけど、「どうしよう」。。。

 さて。

 ミーハーぶりはこれくらいでやめときましょ^^;

 これから何回も聴いて、1ヶ月くらいしたら想像をプラス。

 あとは、ライブまで他のアルバムとまぜこぜで聴こ♪

 今年も全国ツアーか。

 嬉しいけど、喉が心配・・。

 可能な限り聴いていたいから。

 決してご無理はせず。。。

0037_3
 それにしても、かわいいこつ・・(*ノv`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“Mind Traveler” in Hiroshima

※ネタばれを含んでるので、今後のツアーに参加される予定の方は見ない方がいいです※

0009
 先月の30日に参戦してきました!

 休みだったのに出勤を余儀なくされ、テンションガタ落ちだったけど・・

 昼過ぎに帰してもらうことに成功。

 そっからはもうテンション上がりまくり(・∀・)

 頼んでたTシャツを身にまとい、大音量でSupeflyを聴きながらチャリんこで交流会館へ。

 全席指定で、自分は1階12列目でした。想像以上に近くてびっくり!

 えーそれでは、早速Liveの感想を。。。

 まず、越智志帆について。

 ほんと間近で見ると・・か、かわいい(人´∀`)

 もちろんMCのときの声も○。

 そして動きがおもしろい(笑)

 さてさて、次は生で聴いてみた感想を簡単に。。。

 まずは、セットリストから(一部、某掲示板を参考)。

 1.Rollin'Days 
 2.Rescue Me 
 3.マニフェスト 
 4.Deep-sea Fish Orchestra 
 5.Wildflower 
 6.Only You 
 7.Eyes On Me 
 8.Morris 
 9.やさしい気持ちで 
 10.Sunshine Sunshine 
 11.Fly To The Moon 
 12.Free Planet 
 13.悪夢とロックンロール 
 14.Beep!! 
 15.Alright!! 
 16.タマシイレボリューション 
 17.Ah 

 アンコール
 18.愛をくらえ(新曲)
 19.愛をこめて花束を

 ※8、9はアコースティックver.で、座らしてくれた。

 当然ながら3rdアルバムメイン。

 個人的には、「How Do I Survive?」、「ハロー・ハロー」、「Last Love Song」、「I Remember」聴きたかったんだけどなあ(;´∀`)

 またの機会にとっとこう。

 どれもCDに劣らず迫力があって聴き応えあったけど、、、

 「Rescue me」、「Deep-sea Fish Orchestra」、「Only You」、「やさしい気持ちで」(Ac ver.)、「Fly To The Moon 」、「.悪夢とロックンロール」、「Beep!!」、「愛をこめて花束を

 の8曲が特によかった。

 結局全部よかったんだけどね。

 ノリノリの歌も好きだし、志帆さんの楽しそうに歌う姿も好きだけど、やっぱりバラードが一番好き。

 突き抜けるあの声

 伸びが半端ないあの声

 バラード歌われると魂が揺さぶられる。

 心に響く。

 ちなみに、バンドメンバーもちょこちょこ観察してみた。

 やっぱり八橋さんが熱い

 「Beep!!」のときは、正直志帆さんよりも八橋さんばっかり見てた気がする(笑)

 いかす音色にあごひげ♪

 この3rdアルバム。

 MCでも言ってたけど、志帆さんも相当お気に入りの様子eye

 個人的には今でも1stが一番だけど、2nd、3rdと進むにつ入れて曲幅が増したし、トータルで見れば3rdにも満足です。

 曲幅の広がりは歌い方にも影響するのかな。

 1stを聴くと、下手すると同じ調子で歌っている感があるっちゃある。

 でも、3rdを聴いていると、曲によって歌い方に変化がみられるし、聴いててそんなに飽きはこない。

 ま、単に成長したっていえばそれまでなんだろうけど^ ^;

 あくまでも個人的な感想でした。

 多保さんがどんな曲を書くのか、志帆さんがどんな歌詞をつけて歌ってくれるのか、今後も楽しみです。

 それにしても、喉は大丈夫なのかな?

 喉を傷めるそうな箇所は控えてるっぽいけど、それでもすごい心配だわ(;´ρ`)

 さて、何を書きたいのか訳分からんくなってきたので、そろそろ〆ますか(笑)

 他に感想としては、少し音割れしてたのが残念だったかな。

 あとは…うーんなんだろ。

 「Sunshine Sunshine」では歌わされたけど、高すぎて出んわ!って突っ込みたかった(笑)

 Live特有のアレンジもちょこちょこあったんだけど、全部覚えてないわ。

 唯一、「悪魔とロックンロール」の変則的な間奏と終盤のアップテンポだけは印象が強かったから覚えてる。

 あのアレンジ聴くとCDが物足りなくなる(苦笑)

 さて、いい加減なレポはこのくらいにしといて、しめます。

 今回のLiveで感動したのは、もちろん、志帆さんとそのお声を生で拝見・拝聴できたこと

 そして、大学時代に聴いてた曲を生で聴けたこと

 思い入れのある曲を聴けてほんと幸せでした。。。

 あまりにもあっという間だったから、家まで帰るまで、帰ったあと、そして今も余韻に浸ってます。

 もちろん、iPodにはセトリをプレイリストに入れて通勤中に聴いてます。

 ただ、独りで行ったから話す相手がいないのがさびしいな。

 そこだけちょっぴり後悔(^-^;

 約2年ぶりだったらしいけど、来年も広島に来てくれんかな-。

 もし来たら絶対行くぞ(゚∀゚)

 

 ―余談

 実は、Live中、ビールを少しこぼしてしまった。

 すぐタオルで拭いたけど、こぼした周辺がビールくさかった…

 左隣に座ってた方、ほんと申し訳ないです><

 あ、あと前の人背高すぎ。

 しかも頭でけーし。

 必死に間から志帆さん見たし。

 ちっ(`Д´)

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

 最後に、ツアー用Tシャツと会場でgetしたグッズをご紹介。

0022
 パンフレット(写真集)、パスケースブックカバートート(×2)。

 4500円以上で別色のトートがつくことを忘れてて、一つ余計に買ってしまった。

0007 0019






 パンフレットの中は、志帆さんがいっぱい。

 目のほよー(*´σー`)

 最近のお酒のつまみです。

 やばい、おじさん化してる・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北極の猿

Photo

              ※写真は拾いもの

 Arctic Monkeys

 洋楽の中で唯一聴くアーティスト。

 4年間聴いてきて全く飽きないアーティスト。

 そして、同年代のアーティスト(※現在4人中2人)。

 とにかくすっごくお気に入りなわけ(*v.v)。

 初めて彼らを知ったのは2006年の冬で、親友のお勧めがきっかけ。

 最初の印象は「変なリズムと音色」。

 それ以来すっかりはまって今に至るわけだけど、昔(1stあたり)のほうがいいっていう意見も多くあるらしい。

 だけど、今のほうが断然いいと思うな。

 以前はなんだか音が軽くて、演奏が雑で、曲調もポップさが目立つなあっていう感じだった。

 でも今は音に重量感あるし、演奏も上手くなってきてる(と思われる)し、曲調も怪しげなやつ、単調なのか複雑なのか分からないような聴き応えのあるやつがあって、聴いてて面白い。

 というわけで、彼らの今が好き。

 そしてこの先どんな方向に行くのか考えると、ワクワクしてくる。

 以前とはだいぶ変わってるかもしれないけど、大概どの曲にも「この次ぎくる!くるぞ!」っていう風に盛り上がる個所はあるし、相変わらずメロディも心地いいから、退化というより進化してると思うんだけどなあ。 

 まあ、あくまでも素人から見た感想ですが^^;

 最後にいくつか好きな曲たちを紹介して終わります。。。

 From The Ritz To The Rubble(2曲目)
 →最後の悲しげな音たちが好き

 Dangerous Animals
 →重くて乱雑な音たちが好き

 A Certain Romance
 →なんともいえないせつなさが好き

 1stが2曲も入ってるじゃねーかっていう突っ込みは置いといて(苦笑)

 A Certain Romanceについて一言。

 この曲が一番好き。

 それは、大学1年~4年通じて思い入れがあるから。

 結局あの恋は適わなかった。

 でもずっと好きでいるはず。

 もちろん、友達として。

 相手には何てことない思い出が、自分にとって大切な思い出。

 向うにも何か一つ残ってるといいな。

 大切な一曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)